ムンク展

ありがとうございます!コメントいただければ幸いです!

ネットで何でも見れる時代に、わざわざ美術館に行く理由

美術館に行く理由が分からない、行っても「教科書に載っていた絵と同じだな」とか、せいぜい「上手で綺麗だな」しか思えない、といった意見を聞くことがある。そこそこ有名な作品ならググればすぐに画面上で見ることが出来るのに、どうしてわざわざ実物を観に行く必要があるの?と。

私がわざわざ美術館に行く理由は、主に2つある。

1つは、キュレーターの仕事を見たいから。美術館の仕事は、ただ作品を並べればいいわけで

もっとみる

「女性への畏怖と憧憬」ムンク展@東京都美術館 1/14 (1/2)

大混雑のムンク展

記念すべき1ログ目は大混雑で有名だったムンク展。2018/10/27~2019/1/20まで東京都美術館で開催してましたね。年内はそんなに混んでいなかったのに、年明けになったとたん1時間待ちは必至というかなり大盛況の展覧会でした。私も大混雑と聞いていたので開館時間を狙って行ったのですが9:50に美術館前に着いた時点で1時間待ち。。。

まあ並びましたね。。。入口までに1時間、中

もっとみる

ムンク展に行けなかったこと

とても行きたかったのに、ムンク展に行くことができなかった。

最近、美術館に行くことかできなくなってしまったのだ。

時間をかけて電車に乗った果てに、長い長い列に並んで、その末大勢の人と同じ部屋に閉じ込められることを想像するだけで、辛い。

私が美術館で絵を観るのは、画集でわからない色調とか細部の描写とかを知りたいからなのに、絵の真ん前にいられる時間はごく限られていて、何を見に来たんだろう、とぽつ

もっとみる
おすすめ漫画:王様ランキング(感情表現がかわいい!)
16

ムンク展@東京都美術館

1/20までだったムンク展にギリギリで行くことができた。
「叫び」しか知らない状態で行ったが、こんなに色遣いが味わい深い人だったとは。観られて良かった。

晩年の作品「太陽」を観ていると泣けてきた。
筆のあとひとつひとつに自分のなかの色んな感情を勝手に置いたからかもしれない。
絵画を観て泣いたのは初めてだった。
正直、ポストカードとかネットでいいじゃん派だったが、これは実物にしかない感動だった。

もっとみる

ムンクとゴッホ、精神病理と芸術/ムンク展感想

昨日は友人とムンク展に行って来ました。

最終日ということで人、人、人…!

私は障害者手帳があるので、チケットがいらず、チケット代もかからないので、入場まではわりかしスムーズでした。

それでも並びましたけど。

ムンクに関しては代表作の「叫び」と「マドンナ」くらいしか知らなかったのですが、面白かったですね〜!ムンク展!

一人の作家の作品を一同に観ると、作品もさることながら、作家としての生涯に

もっとみる
感想頂けると嬉しいです!
14

ムンク展

2018年は美術館に殆ど行かなかった。

今年は芸術に触れようと、迷いに迷って混んでると聞いていた終了間際のムンク展に行って来た。聞いていた通りの混み具合。

待ち時間と館内の人の多さに少々疲れたけど、見応えがあって来て良かった。

ムンクの作品は「叫び」しか知らないと言っても良いくらいに知識ゼロ。だから作品の多さと内容に驚いた。

美術館に行くと必ず音声ガイドを聴きながら鑑賞。今回ももちろんレン

もっとみる

日記 ムンク展へ

ムンク展に行ってきました。

印象は操作されちゃうなと思った。
日本では(世界でもかな?わかんないけど)「叫び」がムンクの代名詞になっているよね。
両頬に手を添えて、橋の上で画面の中央に立つ人が驚き叫んでいる絵。背景は大きなストロークのタッチで描かれた風景なのか、色彩の混ざり。

展示の方向性としても、孤独と憂鬱と葛藤と不安に満ちた生涯みたいなまとめ方。
「不安」と「絶望」というタイトルの絵の並び

もっとみる
読んでくれてありがとう
9

メランコリックムンク

今日は上野の東京都美術館で開催中のムンク展へ行ってきた。実は前日もムンクを見るため上野へ向ったのだが、30分待ちという苛酷な状況を知って断念したのだった。代わりに訪ねた周辺の黒田美術館(残念ながら『湖畔』の展示期間ではなかった)、そして東京藝大内の美術館は全て無料で楽しめ、また素晴らしかった。特に美術教育研究室の人々が作品を持ち寄った「美術教育の森」は、絵画から彫刻から書から果ては絵本まで、非常に

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
2