リストカットの記憶

衝撃的な内容、痛い表現、ショックな表現などが含まれます。ごめんなさい。苦手な方は閲覧をお控えください。

ふと、テレビで「リストカット」についての話題を見たとき、どうしてもこのnoteを書きたいと思った。

わたしは昔、リストカットに心を救われていたことがあった。
誰かに見つからないように、半袖からも見えない場所に気を配りながら、それでもその行為をやめられない時期があった。

リストカットという言

もっとみる

リストカット

僕は血を見るのが苦手だ。

注射をするときは針から目を逸らすし、医療ドラマの手術シーンは思わず叫ぶ、車に轢かれた猫なんか見てしまった日には三日三晩眠れなくなる。「死」を直感させられると言えば良いのか、すこし手を伸ばせばうっかりそれに届いてしまいそうな感覚がとても耐えられない。だから小さい頃全く理解できなかったのが

"リストカット“いわゆる自傷行為全般である。

僕が小学生のとき、手首に無数の自傷

もっとみる

例えば世界で一番憎い人間が目の前に居たとして、

(今回の内容はリストカットなどの精神的、肉体的ににスプラッタでセンシティブな内容を含んでおります)

精神的に病気をしたことがない方に、よく「リストカットってなんでするの?痛くないの?」と不思議そうに聞かれます。

答えは簡単です。「精神が病気に侵されてるから」です。

足を骨折している人に「なんで100mを10秒で走れないの?」って聞いているのとだいたい同じ感覚です。

そんな行為から卒業して約

もっとみる

セックスの値段 第3章 ~愚かしさの文脈を読む~

その頃には中期中絶の時期のため、流産の時のような手術で出すのではなく、下から出産するという方法を取りました。促進剤を打ち、陣痛を促し、出産するのです。二十週にも満たない我が子を。皮膚さえまだ形成されていない我が子を、どうにか心拍だけはあり、お腹の中で静かに生きている我が子を、外に出すことで殺めます。外に出たら心拍は止まるから、外に出すことで殺めます。
 

 出産前に、三日間、私の子宮口を広げる処

もっとみる

自傷行為について

臨床心理士の友人に色々と聞いて,本を買ってみた.

「自傷・自殺する子どもたち」 著:松本俊彦
「境界性パーソナリティ障害」 著:岡田尊司

岡田尊司さんの本を最初に読むつもりだったのだけど,最初に読むなら「自傷・自殺」についての本かなと思い,ここから.

とりあえず,この本を読んで思ったことをつらつらと.

まず,

刃物での自殺は自殺者全体の1%で,割合としては首つりが一番多い.刃物で

もっとみる

⑤/24【愛着を感じてはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《愛着を感じてはいけない》のビリーフを持つ方は、幼少期に親との間に健全で安心を与えてくれる愛着(愛情)関係を築き損なった経験から、大人になって、愛着を伴う人間関係を回避したり、愛着というものの存在に対して違和感や恐怖を感じます。
また、目に見えない愛情の存在を否定する代わりに、お金や地位、立場、物等、目に見えるもの、手で触れられるもののみを執拗に追い求め、愛情の確認材料とする方もいます。

もっとみる

ビリーフチェンジセラピー【心理セッションでずっと苦しんでいた悩みから解放されていく】

ビリーフチェンジで扱う”ビリーフ”とは、『生き方のルールの”思い込み”』のこと。

ビリーフの中で『~であってはいけない』という”禁止のビリーフ” が生きづらさや悩みの原因。

人はビリーフがあると人生で同じような経験を繰り返します。

例えば、

"愛情を感じてはいけない"があると・・・
・真剣なお付き合いができない相手ばかり好きになってしまう

"価値ある存在と感じてはいけない"があると・・・

もっとみる

地獄

今日は体調がことごとく、悪い。
昨日の夜まではケロっとしていたのだが、晩ご飯がよくなかったようで。そこからはもう吐いては倒れ、吐いては倒れ、パニックを起こせば腕は傷だらけで散々だ。

「死に至る病」というのは、ガンをはじめとしてたくさんあるけれど鬱病も死に至る病だなと思う。

元気な日と見える世界が違う。
なんだか部屋がやけに寂しくて、物で溢れていて、暗く見える。
この世界が、わたしは怖い。

もっとみる

告白

非常勤として勤めてる高校で、ある生徒から告白をされたんです。

年上フィルターがかかってたとしても、
私にとってそれは迷惑というよりかは
嬉しいことで。

でもその愛情の伝え方が歪んでたりするものだから
少し困っているというのが正直なところ。

その子はリストカットをする子なんです。

リストカット自体には偏見はないですよ。

その伝え方に問題があるだけで。

ある日の話だけれど、唐突に腕を見せて

もっとみる