可動域

交通事故による小指の開放骨折と自賠責保険の後遺障害等級

弊所のお客様のケースでは,

小指の用廃(1/2以下の可動域制限)として,

自賠責保険上の後遺障害等級第13級6号の認定を得たケースがありました。

本件事故態様は,

お客様運転の自動車が直進中,

右方から相手方自動車に衝突されたものです。

自動車対自動車の交通事故で,

小指の開放骨折という怪我は,

初めてのケースでした。

自賠責保険の後遺障害等級審査は,”事故状況”も審査対象です。

もっとみる

「君はロックを聴かない」

肩の可動域が広いため、関節が緩む状態をルーズショルダーと言います。
野球好きであれば、一度は耳にした言葉でしょう。

斉藤和巳投手や伊藤智仁投手は、ルーズショルダーだったようです。
野球の投手にとっては、いいことではありません。

私の首のジストニアも可動域が制限されます。
首を左に向けるのが困難です。
ボツリヌス菌注射を7回打って、リハビリを行い、ようやく可動域も少しずつ広がってきました。

もっとみる

膝のスペシャルテストの重要性 No.3

膝を評価するうえで、特に私が重要だと感じている評価方法に

①ラックマンテスト
②伸展制限評価

があります。

前回はラックマンテストとジョイントプレイの重要性について触れました。
今回は伸展制限評価について述べていきます。

膝が膝であるための条件は「しっかり伸びて、曲がる」と言われていますが、私は特にしっかり伸びるという条件がとてつもなく重要だと感じています。

このため「しっかり伸びる」を

もっとみる

交通事故により肩の腱板断裂をした場合の自賠責保険上の後遺障害等級認定

弊所のお客様のケースでは,

(1)相手損保会社を通しての事前認定により”非該当”



(2)弊所で異議申立申請をして,第10級10号の変更認定を得ました。

本件事故は,

お客様が自転車で直進中,

右方から進入してきた自動車に側面衝突されたものです。

自転車又はバイクの事故の場合は,

肩関節や手首関節を怪我することが多いです。

診断名としては,

肩鎖関節亜脱臼,

腱板損傷,

もっとみる

身体の動きを学んでみる;2〜関節の可動性(柔軟性)のこと(3):とにかく動く範囲を広げ維持しよう!

ここまで、他動とか自動とか、可動域と可動性?良く分かんないな、というあなたにお伝えします。わからなくても大丈夫。

要は、日々の身体の動きを確かめて、その動きが狭ければ広げましょう。狭くなければ維持しましょう。結論はそういうことです。

ただ、なぜ他動・自動だとか可動域・可動性などとややこしくお話ししてきたかといえば、正しい目的と方法を知っていただきたかったからです。

ここでまとめてみましょう。

もっとみる

脚や腕も呼吸する?

生きていく上で呼吸って大事ですよね。
なんかいっぱいいっぱいになった時とかイライラした時とか焦ってる時って呼吸が浅くなってたりするものです。
感情は呼吸に影響されるし、呼吸は感情に影響されます。

だから本番前とかも落ち着く為に深呼吸って言いますよね。
それぐらい呼吸は大切です。

いつも気持ちを切り詰めた(張り詰めた?)生活をしている人はもはや深呼吸をすること自体難しくなってしまいます。(こう見

もっとみる

可動域を上げるドMケア

ストレッチや様々なツールの使用、

整体やマッサージなど

多くの方法で身体の柔軟性や関節可動域を上げたりすることができます。

今回は叫びたくなるくらい痛いケアをお伝えいたします。

①まずは手の甲の皮膚を薄くつまんでください。

おそらくだいたいの方が薄くつまめて

且つ

痛みを感じないと思います。

②足首周り、内ももを同じ薄さでつまんでみてください。

おそらくどちらかもしくは両方に痛み

もっとみる

交通事故による鎖骨骨折と自賠責保険上の後遺障害等級

交通事故による鎖骨骨折を受傷した場合の,

自賠責保険上の後遺障害等級は,

(A)第12級6号:3/4以下の可動域制限

(B)第12級5号:変形障害

(C)第14級9号:局部に神経症状を残すもの

(D)非該当

の4パターンが,弊所のお客様の認定例です。

鎖骨骨折は,弊所のお客様で言えば,

すべて,バイク×自動車の事故で,

当然,お客様はバイク乗車中の交通事故です。

鎖骨骨折を受傷

もっとみる

手の小指骨折と通院期間

弊所のお客様のケースでは,

交通事故受傷後から,

”約9ヶ月間”の通院期間を経て,

症状固定となりました。

本ケースのお客様の症状としては,

小指の痛みと可動域制限となります。

通院先としては,

(A)月1回程度の大学病院での診察,

(B)月10回程度の整骨院,

という通院でした。

そして,自賠責保険上の後遺障害等級としては,

”一手の小指の用を廃したもの”の,

第13級6

もっとみる

肩甲骨とバストアップの関係。

今回は、バストアップや乳ケアする上での肩甲骨の重要性について。

ここで、さっそく質問です。
背中に手を回した時に肩甲骨に指が入りますか?肩甲骨に手は届きますか?

これが出来ないと肩甲骨が硬く、埋もれてしまっていることに・・・

バストアップや美乳の縁の下の力持ちをしてくれているのが、この肩甲骨の柔軟性や可動域の広さ。

肩こりや背中の張りがひどい人は、肩甲骨が完全に埋もれてしまい見えない状態に

もっとみる