ミスは連続しないことが大事だと思い知った

現在、「上場企業の中でもかなりハイクラスの役員だけを集めた勉強会兼食事会」というものを企画・準備しています。

一回あたりの出席者数は5〜6人程度、これを2回、主に人財に関するテーマで、話された内容は外部には非公開、かなり突っ込んだ議論をしてもらう場を想定しています。

50年以上ある会社の歴史を振り返っても初めての取り組みだそうで、よくそんなイベントのプロマネを入社3ヶ月程度かつ20代後半のペー

もっとみる

カタチnote:003【思考停止】

【思考停止のカタチ】

【説明】
思考停止とは、自己変化の停滞、あるいは喪失である。

【分類】
狛犬型。洗脳型。遮断型。維持型。切捨型。怠惰型。忘却型。無知型。放棄型。

【狛犬型】
主人(上位的存在)に従う、思考停止。
善くも悪くも、主人の意向を絶対とする。
周囲に対しての意向押し付けによる、反発が起こりやすい。
逆に似た意向を持つもの同士は、惹かれやすい。
まさに従順な犬、であるが、一種の思

もっとみる

サラリーマンは基本的に目前のタスク処理に注力しているが、少しは自社のビジネスの有効期限や経営状況、幹部の能力を把握しておくべき。

ビジネスが飽和して経営難に陥ったり、需要がなくなることは日常茶飯事で、幹部が無能なら普通にリストラが起こります。会社は意外と無責任です。

本質を見極める【相対評価】

こんばんは!

お盆休みに入り、帰省をしていて更新が滞ってしまいました。今日から新たな気持ちで更新を継続していきます。

さて、今回はタイトルの通り、世の中は全て相対評価なんじゃないかというお話。

絶対評価は人によって様々

普段仕事をしていると、社内や取引先との会話の中で「曖昧な表現」が毎日のように飛び交っているのを耳にします。

例えば、「かなり」や「結構」等の副詞にあたる言葉や、「忙しい」

もっとみる

大人になるほど「何故」が減ってきます。考えない大人が大量発生しているので成功するチャンスが沢山ありますね!
我慢して株主の肥やしになるか
自分の力で稼いで目標や夢を叶えていくか。

これに気づいた時点で大チャンスなのであとは行動しましょう。行動でも篩がかかるのでチャンス倍増(笑)

隣の負の感情

たくさんの負の感情を耳にすると、身体が動かなくなる。
本当は何か行動することが必要なのかもしれない。
負の感情に対して、意見しに行くとか、共感しに行くとか、
はたまた、自分を守るべく、その場を移動するとか。

でも、負の感情を耳にすると、本当に思考がストップする。そして、脳の別の部分が動き始める気がする。

想像が、映像が流れてくる。

自分の考え、自分の負の感情、自分の悲しい思い出…

だから、

もっとみる

#014 ゴキブリが気持ち悪い、という思考停止

やさかもです。

タイトルのせいでこの記事をクリックしてもらえない気がしています。

僕が選んだ研究室

僕は35歳の時、仕事を辞めて大学院生になった。大学院というのは、授業を受けてレポートやテストをこなす以外に、研究をして、論文を書き、それが学内の審査で合格することで修了となる。博士課程ともなると、何かの専門雑誌に投稿(掲載)されることが条件となることが多い。

研究テーマと研究指導者を決めるこ

もっとみる

「楽をするな。」

何か結果を出したい

とか

スキルを磨きたい

と思ったときに

楽をするような思考ではダメだ。

もちろん、楽をしても

結果が出ることはあるし素人よりかはスキルは身につく。

ただ、そんなもん大したことなく長くは続かない。

それでもいいなら楽をしながら

素人に毛が生えたくらいのスキルで短期間だけ良い思いをすればいい。

結果を出し続け、スキルをとことん磨きたいなら

やっぱり楽をしたらい

もっとみる

【記事感想】あなたの「エゴ」が、大事。

意味のイノベーションというのは初めは必ず個人から生まれるから。僕の大好きな漫画『リアル』の中に長野充の言葉がありますが、これは恐らくほぼほぼ同義ではないかと思うのが、『エゴ』です。エゴは個人の中にあり、それは集団で保有するものではなく、集団の中で生活を強制されると生まれないものです。

記事元:ユーザーヒアリングという悪・思考停止

これは盲点…!

たしかに、ユーザーと話したり、不満を聞いていて

もっとみる

思考

多くの日本人の初期設定は、安全という初期設定からシステムを作り出すが外国の多くの初期設定は危険という初期設定からシステムを作り出します。

これをネガティブ思考とか教えるのは、やはり日本人は平和ボケというポジティブ思考なんですかね(笑)

水と空気と平和は何もしなくても手に入る?

そんなネガティブ思考では、痛い目にあった時に玉砕という選択肢しかなくなりますからお気をつけください。

想定内とは常

もっとみる