『「ない仕事」の作り方』 みうらじゅん

確かに、みうらじゅん以前に「マイブーム」も「ゆるキャラ」も「仏像ブーム」も「いやげ物」もない。彼が手がけることは「ない仕事」である。ゆるい本だと思って読み始めたら、ノウハウがぎっしり詰まっていた。

好きなもの、面白いことをただ発信していても、誰にも見てもらえない。だから「一人電通」と称して、企画、プレゼン、接待といったあらゆることを自ら行って「ブーム」を作り出す。そんなMJの手がけた業績が具体的

もっとみる

森見登美彦『熱帯』(文藝春秋)

「汝にかかわりなきことを語るなかれ しからずんば汝は好まざることを聞くならん」

佐山尚一という消息不明の作家が書いた『熱帯』という小説、入手した人は心を掴まれながら、読了する前に本が消息不明となり、読み終わった人は誰もいないという。『熱帯』の結末に執着する人々が集まり、自分の記憶の中にある『熱帯』の断片を披露し合い、少しでも核心に迫ろうとする読書会、その参加者の駆け引き、抜け駆け、対話の中から浮

もっとみる

めも。デイヴィッド・ピース『Xと云う患者 龍之介幻想』(文藝春秋/黒原敏行=訳)2019年3月22日発売。イギリスの小説家であり、東京に在住するピース氏が織りなす幻想の世界。芥川龍之介を、その生涯と作品を元に魔術的な語りで創造する。
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163910017

”「働き方改革」徹底批判”(文藝春秋6月号)を、WLBコンサルが喝破する

今月6日発売の文藝春秋6月号に、『「働き方改革」が日本をダメにする』という、丹羽宇一郎氏(元伊藤忠商事会長・社長)の論考が載っています。Googleの検索キーワードにもなっているので、話題になっているようです。私は(一応)ワークライフバランス認定コンサルタントの肩書き(民間資格)を持っていますが、率直に申し上げて、この論考はひどい。労働環境に対する意識が10年は古いですし、いわゆる”働き方改革

もっとみる

江戸の不動産 書形夢醸45

不動産というと、つい不動産を扱う業者についてかと思うかもしれないが、本書は江戸の全般的な土地利用について網羅的に触れている。土地転がしをしていたのは不動産を専門にした業者だけではなく、武士、農民、諸大名の執事たる御同胞頭、仲介業者など、いろいろな人々だったのがわかるのが本書の魅力。

まず、江戸に全般的に見られた土地利用には、意外なことに空き地(明地)がある。

それは土地利用とは言えないんじ

もっとみる

【書評】聞く力―心をひらく35のヒント/阿川佐和子/文藝春秋

聞く力―心をひらく35のヒント/阿川佐和子/文藝春秋

「人の話を聞いてない」と、昔からよく妻に言われることもあって、たまたま本屋さんでこの本が目に入り、ベストセラーとも書いてあるから読んでみた。

著者の阿川さんも元々インタビューというものが得意ではなく、本の中でもたくさんの失敗談が面白おかしく書かれていた。

自分自身、人の話を聞いてないと言われるのは、単純に人に興味が無いものと思い込み、自己

もっとみる

カトリック神父「小児性的虐待」を実名告発する(2/3)〜“バチカンの悪夢”は日本でもあった!

2019年4月7日、日本カトリック司教協議会会長の高見三明・長崎大司教が、全国の教会で起きた小児性的虐待の実態調査に乗り出すと表明しました。
 これまで米国、アイルランド、フランス、ドイツなど世界各国で相次いで被害が明るみに出る中、日本では“対岸の火事”と受け止められてきました。
 ところが2月発売の文藝春秋3月号に筆者が発表した実名告発レポートをきっかけに、日本のカトリック教会に行動を求める内外

もっとみる

『偽装不倫 2巻』東村アキコ

わー傷口をグリグリされてるような気分です٩(ˊᗜˋ*)و東村せんせい!

不毛な婚活に疲れ、韓国に一人旅に行く鐘子。そこで年下の韓国人イケメンと出会い、とっさに人妻と嘘をつくが…という2巻目。好きになればなるだけ、うまくいけば行くほど、嘘が重くなる。そして好きになったらいけないのに、そういう時に限ってロマンチックな出来事が起きてしまう。そんな共通点が見つかったら完全にどっぷり好きになっちゃうでしょ

もっとみる

薬物依存は「病気」である件 清原和博氏の逮捕から3年

▼2019年3月6日、清原和博氏が厚生労働省主催の依存症に関するイベントに登場したのだが、3月12日にピエール瀧氏がコカイン使用のかどで逮捕された報道で、すっかりかすんでしまったのが残念だ。

東映がピエール瀧氏出演の映画を公開するという、当たり前(と筆者は思うのだが)の決定が大ニュースになっている。

▼清原氏についてはNHKがいい報道をしていた。

〈清原和博さん 啓発イベントで薬物依存の経験

もっとみる

足骨日記21

もういい加減入院生活に飽きてきました。
もう退院したいです。同部屋の後輩たちが続々と退院していくのでPTの女の子に俺いつ退院できるの?と聞いたら骨折は時間かかりますもんね~とのこと。後輩たち皆骨折じゃなくて靭帯とかで入院してました。手術して早くに退院していくのでおかしいと思ってたんだよ!

今日は暇潰しについて

家にいるときと違いリハビリと風呂の時間以外は基本的に暇である。
主な暇潰しはタブレッ

もっとみる