6/25

5:11起床。

天気は晴れ。
空気に、雨の名残りが混じっている。

ひとりぼっち。
1人?
独り?
そうだね、
どちらも。

昨日の夜は、
ひとりで過ごした。

ひとりの夜。
ヒトリノ夜。
サビ、どんなんだったっけ。

僕を、知っているだろうか。
いつも、傍にいるのだけど……。

いや、これは「愛が呼ぶ方へ」だ。
サビ、サビ……。
……何の話だったっけ。

ああ、そうだ。
僕は、
ひさしぶりに、

もっとみる

6/24

5:03起床。

天気は曇り。
空気は冷たくて、どこかよそよそしい。

いとしい。
いたしい。
くるしい。

眠くない。
びっくりするほど、眠くない。
早寝早起き?
ノット。
遅寝早起き。
就寝したのは、
たぶん、23時くらいだ。
あと、
2時半にも、目が覚めた。
たぶん、だけど。
おそらく、だけど。
だけど、
覚えていることがある。

パートナー。
2日前から、
パートナーがうちにいる。

昨日

もっとみる
ホットケーキミックスで作ったスコーンはとてもおいしいです。
10

脱皮

こーの支配からのっ そつぎょおぉー♪

ってわけでもないけど、いや、軽くそーゆーとこもあるけど、まぁあたしは今日、この土地での最後の仕事を無事に終え、と同時にこの場所にとどまる必要性を全く失った。

あとは淡々ときちんと荷物を片付けて部屋の掃除をして、2日後に出ていくだけ。

収録後、局のみんなが集まってくださって花束とともにあたしを待っていた。ひまわりと薔薇のとりあわせの、元気な感じの花束

もっとみる

ラブマイハニー

こないだハニーが泊まりに来てくれた。
(去年の日記に登場)

「もっと早く来てればよかったー」なんて言いながら駅に降り立った彼女とあたしは、打ち解けるまでに1時間以上かかった。

まるで遠距離恋愛中の彼氏彼女みたいにお互いはにかみ合って、あたしなんていらいらするほど緊張したっつーの。

が、せっかくだし飲みに行こってことで、よく行くお店に彼女を見せびらかすみたいな勢いで連れていって、そんな

もっとみる

たぶん普通じゃないけど

「え、それって普通のこと?」

と、素朴に・あまりにすとんと聞かれたので、あたしは んー…
と放送事故を起こして考えた挙句

「普通、じゃないかもしれないけど、普通じゃないってこともないけど」

というような、答えになっているのかいないのか分からない返事をしてしまったんだけれど、久しぶりに話す彼女は相変わらず子供のようだった。

深夜2時過ぎ。
どうしても漫画が読みたくなってお菓子を持

もっとみる

わりとご機嫌

ガールフレンドとデートした。

待ち合わせで出会って歩き始めたら、何気なくあまりに自然に手を繋がれたので、とっても驚いた。
し、今日はすごく暑いのに更に緊張で手に汗かいちゃうじゃん!
と、内心かなり焦ったが、女子と手を繋ぐってそうそうないよ~と、意味のわからないスケベ心でそのまま彼女と手をつないで歩いた。

厚底サンダルの私と平靴の彼女の身長差はおよそ15センチで、自分より背の低い人と手を

もっとみる

すべてがめんどくさい

それをいっちゃーおしまいよぉ!

と、寅さんなら言うだろうか。あたしが一応は女子ならば、そのあと元気づけてくれるだろうか。酒でも酌み交わしつつ?

などと思ってもあたしは元気だ。ひゃっほー。ほらね。

違う。

めんどくさいのは、あたしの頭の中だ。

建築関係の友達の家に遊びに行ったら、超穴場で超素敵な家だった。ほとんど手作り。古い家を自分で改造して住んでる。
バス・トイレがついてない

もっとみる

成分

卵かけごはん 
だし醤油
海苔 
レーズンパン 
バター 
紅茶
エビグラタン 
きのことくるみのキッシュ 
キャベツサラダ
ナッツタルト 
ミニハンバーグ 
アスパラポテト 
コーヒー
ミルク
ごはん
新じゃがとピーマンの炒め物 
魚ソーセージソテー 
目玉焼き
レタス 
さくらえびとかちっちゃい魚とかの佃煮 

哀愁でいと

好きな子にご飯をごちそうになった。

そのあと少しの時間、愛を交わした。

短いけれど長い時間だった。

 時間が止まってしまえばいいのに

と百戦錬磨な彼が陳腐なことを言い、わたしは彼のTシャツの背中の文字のうえで手を組んだまま、

 じっとして動かないで居れば時間が止まったみたい

と答えた。

純粋が故に真っ黒に穢れた腹のふたりは、最後のときを、それぞれに勝手な想いで楽しんだ。

もっとみる