必ず役に立つ防災グッズ

🔵絶対役立つ!「子連れ防災」で本当に必要なこと

⏺️家族が揃う時、ぜひ話し合っておきたい

-------------------------------------------------------

⏹️災害時に家族や子どもを守るもの

「誰にでもできる簡単な防災」

「誰でも手に入れられる本当に必要なもの」

⏺️地震、台風、集中豪雨、大雪、

1年中自然災害に見舞われる日本である。

もっとみる

被災地って言葉

わたしは「被災者」って言葉聞く度に
心に「ん?」ってモヤがでていた

なんだが、こっちと、あっちの

線-----

を引いてるようで、

ちょっと「障害者」と同様に使いづらい気持ちがあるんだ。

ただ「福島の人」じゃダメなのかな。
ただ「仮設住宅」も「仮住まい」じゃいけないんだろうな。

きっと、この言葉を使う宛は「いつもどおり」が帰ってこないから

今は苦境に生きる姿を忘れたくないから
「被災

もっとみる

【実話】とあるハウスメーカーに悪意なき? 大ウソをつかれた話 その5

こんにちは、さーしゃです。

前回からたいへん間が空いてしまいました( ̄▽ ̄;)スミマセン

ここまでのおはなし

その1 地獄への入り口はあなたのすぐそばに――きっかけはWeb登録

その2 浸水当日――波に乗るなら海だろうに

その3 大企業=きちんとしている、は幻想

その4 誠意って……なにかね(古)&もしものときのお役立ち情報

気がつきゃ来月からの新元号も『令和』と決まり春爛漫、ここ数

もっとみる

3.11マッサージボランティア

セラピストになりたての当時、書いていた日記です。

皆さまは、3.11の時は何をしていらっしゃいましたか?

>先日は、福島県いわき市の、広野町仮設住宅で

「手当の輪」のボランティアマッサージに参加させて頂きました。

生まれて初めて、人生でこんなに沢山ありがとうって言ってもらって、

私がマッサージを通して伝えたかったことに気付いたの。

私の祖父母宅は今も福島のホットスポットにあります。

もっとみる

3.11になりましたね。

浜の方に住んでいるわけではないですが、当時は震災でライフラインが途絶えて大変でした。

福島なので、原発もあり、行動範囲も狭まりました。

震災当時には、もう持病を持っていました。

何も力になれることはないかもしれません。逆に迷惑ばかりかけるかもしれません。

それでも、こうやって生活してます。

創作に何か力があるかもわかりませんが、自分にできるのは、そのくらいかな、と思ってます。

プロでも

もっとみる

検索は応援になる。

あれから8年になります。

私は当時、仕事の都合で北関東にいました。

海沿いでは無く内地にいた為、それほどの直接的影響は受けませんでしたが、それでも道路は封鎖、ライフラインはもちろんストップ、夜は街灯も無く真っ暗で、とても静かだった事を覚えています。 ですが、夜は暖房が唯一効く車内にいた為、エンジン音はそこら中から。 ガソリンも手に入らない為、極力ガソリンが減らないよう知人達と車を共有し、1台の

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(03:37)は購入後に視聴できます。

2011年3月11日。
僕は千葉の実家の2階ででマイクを押し入れの布団に突っ込んで(マイクスタンドがなかったため)、ストッキングとハンガーのウィンドスクリーンを吊る下げて歌を録音していました。

あと3分、この揺れが続いたら家が崩れていただろう、
大きな地震でした。
もしここが震源に近いわけでなかったら、
震源地付近はどんな被害があることだろう。
落ち着いた矢先に悪い予感に襲われました。


そん

もっとみる

私の震災体験 ~原発事故が教えてくれたこと~

はじめに断っておくと、この記事は最終的に原発反対!とか、クリーンエネルギー最高!とかそう言うことを訴えるための文書ではない。

東日本大震災および原発事故から8年が経とうとしている。あの頃ハタチだった私ももういい大人になってしまった。

間違いなく人生最大のピンチ&大事件だったあの震災とあの事故のとき感じたこと、考えていたことがだんだん薄れていくように思える。

だからもっともっと記憶が薄れてしま

もっとみる

さよならと言えず

あと数日で3月がやってくる。 

私なりにブルーな日々を小さな幸せとかを見つけながらなんとか生きているよ。

なかなか重大なことに気がついた。

さよならしていない。

私は震災で亡くなったお友達にも知り合いにも誰にもお別れをちゃんとしていない。当時は帰る手段も無かったし、被災地も混乱していたし、それぞれ家があった場所は津波で流されてしまったからみんなバラバラになってしまって、どこへ会いに行けばい

もっとみる

為になるようで為にならない、少しだけ為になる被災者ガイド

私は被災者である。東北に住んでいたもので、色んな体験をしたし、聞いた。

翻って昨今、どこででも災害は起こるし、いつでも災害は起こる。…パッと話し出しただけで、思い当たる映像がいくつもあるでしょう?

そんな時に便利な道具があれば大変助かる。だけども、それをいつも持ち歩くわけにはいかないよね。

小さいものならカバンに潜ませておこう。大きなものは?

という訳で。

かさばらない物を、と書きだした

もっとみる