Factfulness

「悪い」と「良くなっている」は共存できる

FACT FULNESSを読んでいる。
先日のnoteイベントで気になって、そこから初めて電子書籍を購入した。
慣れないので電子書籍少し読みにくいけれど、混んでいる電車の中でもスペースをとらずに本を読めて効率がいい。

その中で「悪い」と「良くなっている」は共存できるという言葉が出てきた。
今、例えば学校に通えない女の子の話などはたまに広告やドキュメンタリー番組などで目にする。
教育が普及していな

もっとみる

【吉本興業騒動】この報道の裏に本当の勝者=自民党 がいた

連日、吉本興業の報道が続いている。この事件を、個人の台頭と見る人、パワハラ問題と見る人、反社会と芸能のつながりで分析する人、嘘つきが淘汰される時代と見る人、様々な視点からの意見がある。本質をつく意見として、元々の宮迫さんの嘘を追求する人もいる。

僕は、いくつかの事実が相違していることがやはり気になる。

◾︎あのイベントに、吉本社員はいたのか、いなかったのか

亮さんの発言と、社長会見の発言の食

もっとみる
🎎汝はなぜ「スキ」を押してくれたのか。とにかく、我は嬉しいなり。
3

【20190715】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.息子が生まれて11か月

ハイハイができるようになった。
音楽に合わせて手を動かすようになった。
妻がほおずきロールを予約して買ってきてくれて、お祝いをした。

2.休日出勤で220キロの運転

特別大変なことをした訳ではないけれど、移動距離が長いだけで単純にHPを消費してしまう。
ほぼボイシーとYouTubeを聴いて過ごして終わってしまった。

2.久しぶりに道路でカニを見た

テン

もっとみる

【20190714】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.息子と指差し確認が合うようになった

E.T.みたいに人差し指を前に出すと、笑いながら一緒にやってくれる。
意思疎通ができるって、こんなにもうれしいものか。

2.息子に絵本を購入

「どんどこ ももんちゃん」。本当に絵本もよく読んでいる。すべてにおいて全力だ。
明日は仕事なので今日のうちに買って一緒に読んだ。

3.海辺を走っていたら色々な休日の過ごし方を見れた

家族でキャンプ、友人と釣り

もっとみる

数字で愛を語る「ファクトフルネス」の誕生秘話~ #Factfullness の作者と学ぶ「仕事は世界の現実を知る習慣からはじめよう」 #ファクトを活かそう @factfulness @nikkei_jisedai @nikkei_young @NikkeiBP_books

ただの統計の本だと思っていました。もう一度しっかり読み直します。

 日本でも電子書籍を含めると40万部売れたベストセラーの「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」。共著者の1人であるアンナ・ロスリング・ロランドさんの来日講演がありました。スケッチノートにまとめましたので共有します。

主催者あいさつ

講演

Q&A(2019/07/15追加)

関連ブログ等

好奇心を持つと心がワクワク

もっとみる

サピエンスの限界

最近の我が家でちょいとブームな言葉がある。
「サピエンスの限界」。
使い方としては、「それってサピエンスの限界じゃね?」みたいな感じだ。
娘はほとんど使わないので、主に俺と嫁が会話の中で使う。
といっても使っている人間のほとんどは俺ではある。
それって我が家のブームとかじゃなくて、お前だけのマイブームじゃね?というツッコミはあるかと思う。申し訳ない。その通りである。

で、「サピエンスの限界」とは

もっとみる

ぼくの本棚をさらします

タイトルどおりです(笑)

画像12枚くらいと、1枚につきだいたい50文字(?)くらいです。たぶん。
この時点で「なんかだるそうだ…」と思われた方はお引き返しください(笑)

急にさっき思いついちゃって、ただぼくがやりたいからやります!
(今までのnoteにない #イキイキ感 w

誰かの選書を見るのは大好きですが、あえて本当のそのままの #本棚 を出したいので、変にセレクトせずにぼくの本棚をその

もっとみる

【レポ】「FACTFULNESS」著者アンナ・ロスリング・ロンランドさん来日講演が開かれました。 #ファクトを活かそう

2019年7月10日、日本経済新聞社で、世界100万部のベストセラー「FACTFULNESS」の著者講演が開かれました。出版後に初の来日、そして今回の来日では唯一の講演会というスペシャルなイベントでしたので、アンナさんのご発言を中心に内容をレポートします。

■講演の録画はこちら(いま観れます)

■ファクトから世界を読む習慣を身につけよう

アンナさんはFACTFULNESSの共著者。統計情報

もっとみる

教養の深さが活きる時

先日、「みんなが使えるFACT FULNESS」のイベントに参加してきた。

ここ最近はだいたい月2回くらいnoteのイベントにお邪魔しているのだけど、その中でも特に行って良かったなぁと思う度合いが強いイベントだった。
みなさん色々イベントレポはあげているので内容についてはそんなに書かないけれど、物凄くためになることが多かったように思う。

私は教養学部の出なのだけど、教養というものが社会に出てか

もっとみる

「FACTFULNESS」著:ハンスロリング 訳:上杉周作・関美和

出版されたと同時に、本屋さんの棚を占拠していたのが記憶に残っていました。
最初は、「翻訳本だし、ちょっと様子見かな。。。」と思っていました。
その後しばらく経ってからも、平積みされ続け、周りの友人もちらほら読み始めた人が出てきました。
読むきっかけは、先日の誕生日にこの本を頂いたことでした。

かなり分厚い本なので読み切るのに時間がかかってしまいましたが、自分が今引っかかった内容を書き留めておこう

もっとみる
Likeありがとうございます!あなたのために面白い文章を書き続けます!
15