カイヨワ

鬱のようで自己啓発本を読もうかと書庫に行った。勿論オジサンには今時な有名人の本は似合わない。
「ホモ・ルーデンス」にしようと思ったけど、カイヨワの方が具体的でわかり易い。突っ込み所もある。

まあ、浮世は壮大な遊園地のようなものでありまして、僕は遊び尽くすことができるかな。

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport13

周縁のものが使うHEROという言葉には、音楽の世界では『WORKING CLASS HERO』がある。抑圧されている状態に不満を感じ反体制の意志を持つものは行動を起こす。反体制的行動を起こす集団は集団の類像としてのHEROを求める。Anti Heroは、抑圧されている周縁のものが中心に対して行動を起こしHEROを求め表れるというような、求める集団と表れるHEROという構造に対してAntiだという意

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport12

スケーターのモラトリアムを示唆するものは写真だけでなく、名付けの感覚にも表れている。

20年ほど前、『THE GREATEST 30 CLUB』というチームがあった。スケーターといえば子供の遊びで滑り続けても20代のうちに辞めてしまうものが多かった時代に、30歳を過ぎても滑り続けている人たちがつくったチームだ。この時代はスケートボードと仕事にうまいこと折り合いをつけ両立させている人は少なく、家庭

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport11

社会を表すものをシニカルに取り入れた表現が生まれるようになったのは80年代後半から90年代初期に該当する。その時代は都市で滑るストリートスケートが隆盛し街中にスケーターが増えた時期であり、それに応じ社会から器物破損や歩道から道路への飛び出し、道路での走行など、スケーターに対する批判の声も大きくなっていった時代だ。

それ以前のプールやランプはスケートボードの世界の中心にあり、それらはストリートと違

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport10

スケートボードの文化ととそうでない異なる文化は、スケートスポットである建築物を媒介として交わる。社会の中で互いに異なる文化に所属するもの同士が建築物の使い方についてせめぎ合うとき、ふたつの文化は交わるのだ。

スケートボードとそうでない二つの文化が交わるとき、どういったことが起こるのだろうか。

社会の秩序のもとにつくられた建築物の持つ「意味」を無視し新たに意味付けをするという行為、つまりスケート

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport9

破壊と楽しみが結びつくことに関してはイリンクスで述べたような

突然人をとらえる忘我の激情がそれだ。この眩暈は、ふだんは抑制されている混乱と破壊の好みに容易に結びつく。それは、自己主張の粗野で乱暴な諸形態なのである。
引用:ロジェ・カイヨワ『遊びと人間』P62-63

スケーターがスケートボードをする中で破壊に注目することはスパイク・ジョーンズだけでなく一般的にみられる傾向である。滑る際に結果的に

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport8

海を越え都市に出たサーファーはやがてオーリーを誕生させスケーターになり、様々な場所で滑った。スケーターは路上をところかまわず走り、階段を飛び降り、ベンチのフチにグラインドをかけ壁をはいあがり、盲人用スロープを使って柵を飛び越え、ハンドレールを滑った。地形や建築物に与えられた意味を読み替え自由に滑った。

スポイルスポート
すべての建築物にはそこで生活や仕事などをするためという意味を持ってつくられる

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport7

スケートボードはスポーツではないので、明確に区切られた滑る場所を持っていない。

遊びの空間について
遊びは本質的に生活の他の部分から分離され、注意深く絶縁された活動であり、それはふつう、時間と場所の明確な限界の中で完成される。遊びの空間というものがある。マレルの方陣、チェス・ボード、碁盤、スタジアム、トラック、運動場、リング、舞台、円形闘技場などがそれである。この概念的境界外で行われることは計算

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport6

スケートボードで空を飛ぶというような、困難に立ち向かい成功させる原動力がルドゥスだ。

ルドゥス
ルドゥスはパイディアの補足であり、教育である。つまり、パイディアをしつけ、豊かにするものだ。それは訓練の機会をあたえ、ふつうは、特定の技を身につけさせ、特殊技能を獲得させることになる。~略~これはアゴンとは次の点で異なる。ルドゥスでは、遊戯者の精神の緊張と才能とが、競争とか対抗の明確な意識とは無縁のと

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport5

イリンクスと呼ばれる眩暈には、スケートボードではダウンヒルのような日常生活の中では体験できない恐怖と隣り合わせにあるようなスピード感、カービングやタイトなバンクにドロップインするときのような加速、ステアを飛び降りる落下などがある。

イリンクスとはこれらのような身体の分野だけでなく精神の分野にもあり、

突然人をとらえる忘我の激情がそれだ。この眩暈は、ふだんは抑制されている混乱と破壊の好みに容易に

もっとみる