今日はスパルタ王レオニダス1世の忌日。
テルモピュライの戦いで200万のペルシア軍に僅か7000のギリシア連合軍で挑み、最後まで戦場に踏み留まり壮絶な戦死を遂げたとされます。
その後ギリシアは団結。アテナイが海軍、スパルタが陸軍を粉砕、ペルシアのギリシア征服の野望は潰えたのです。

読んでいただきありがとうございます!今日も良い一日でありますように!
40

8.あいつの裏切りは断罪されない。

①反逆者ダレイオス。

裏切り者には天罰が下るのが必然ー。

そう思いたい我々がいる。呂布、吉良上野介、明智光秀、ブルートゥス。裏切りは悲惨な最期が待っていると思いたい。

しかし。

実際は、裏切って逃げおおせている人物が数多くいる。歴史の中で表に出てこない人々もたくさんいるはず。その中でも、今回のメインはすごい。

ダレイオス1世だ。

②4つの国に分裂。

オリエントを統一したアッシリアに代

もっとみる
励みになります!

【つの版】ランダム人名ジェネレーター・イラン・インド・テュルク編【D6】

ドーモ、三宅つのです。ここが何なのかは下記をご覧下さい。なんとなく月一ぐらいの更新になっています。

欧州:南欧編 ゲルマン編 ケルト&スラヴ編

アジア:ユダヤ&アラブ編

▼序

前回は西南アジア・北アフリカに主に分布するユダヤ・アラブ系の人名をやりましたが、今回はその北や東に分布するイラン(ペルシア)、インド、テュルク(トルコや中央アジア)をしていきます。西はバルカン半島から東はウイグル、北

もっとみる
あなたに大きなスシとCORONAを!
3

孤独のグルメ:高円寺にあるペルシア料理屋『BolBol』

こんにちは、チェ・ブンブンです。

今日は、高円寺の映画バーBIG FISHさんにイベントのチラシを置きに行きました。その帰りにブラついていたら何やら面白そうな店を見つけました。「ペルシア料理を食わせてくれるだと!?」。

前々からKFC横にデカデカと看板が設置されて気になっていたのですが、その店はBIG FISHの先真っ直ぐ50m程進んだところにありました。日本でも割と見かけるようになったケバブ

もっとみる
次回もお楽しみに
6

古代ペルシアの宮殿遺跡ペルセポリス(中編)

新春(ノウルーズ)の祝祭を催す壮麗な宮殿として建てられた優美なペルセポリスがやがて廃墟と化してしまったのは、アレクサンダーがペルシアに侵攻した際にペルセポリスを焼き討ちしたことに端を発しています。アレクサンダーは、当時アケメネス朝ペルシアの州(サトラピ)のひとつだったギリシアに対して反乱を起こしたマケドニアの司令官で、その後ペルシアにも侵略した歴史があります。

実はアレクサンダーの焼き打ちで廃墟

もっとみる

アケメネス朝ペルシアの宮殿遺跡ペルセポリス(前編)

ペルシア(イラン)の世界遺産といえば、真っ先に思い浮かぶのが古代アケメネス朝ペルシアの首都ペルセポリスです。西はギリシア、東はインドまでの広大なアケメネス朝ペルシア帝国は20の州(サトラピ)から成る古代初の連邦国家で、2500年前も昔のものとは思われない技巧を凝らしたアスファルトを敷いた「王の道」がこの広大な連邦国家を結んでいたことは、世界史の教科書でもお馴染みですね。この広大なアケメネス朝ペルシ

もっとみる

世界の半分、サファヴィー朝の古都イスファハーン(中編)

イスファハーンで数々のペルシア建築に足を運び、壮麗なドーム型建築やアーチ型の回廊の下に佇んでいる時にふと思い出すのが、子供の頃によく通ったプラネタリウムの大きなドームのこと。プラネタリウムに映し出された星座たちを仰いで見とれているうちに、夜空に飛び込んでしまったような浮遊感に包まれて、たった30分ほどの番組が終わって立ち上がると、足がふらふらしてしまったりしたこととか。繊細なタイル細工が一面に施さ

もっとみる

世界の半分、サファヴィー朝の古都イスファハーン(前編)

イラン(ペルシア)の見どころとしてたぶん一番と言っていいくらい有名なのは、江戸時代とほぼ同時代に興ったサファヴィー朝ペルシアの首都だったイスファハーン。ヨーロッパから貿易商たちがペルシアの文物を求めて詰めかけ、フランスの旅行家シャルダンも挿絵入りの豪華な旅日記を残し、世界の半分と謳われたサファヴィー朝時代の壮麗な街は、今も当時の美しい面影を残しています。

たとえば、サファヴィー朝の王宮やモスクや

もっとみる

◆気がついたらスキをつけていた記事まとめ27◆

おれだ。しばらく前に予告した通り、noteのTLカイゼンのためフォロワーを整理した。リムられてたらリムり、なんかなと思ったのはリムった。noteにはTwitterのようなミュート機能がないため、リムかブロックするかしかないのだ。アンタイやヘイター、荒らし野郎や情報商材野郎にはならない。逆恨みしてヘイトを向けないでくれ。おれは積極的にはフォローしない。フォロバも少し抑える。リムりたきゃリムっていい。

もっとみる
あなたに大きなスシとCORONAを!
13

ペルシア文学のなかのワインの酒杯(その1 ハーフェズ占い実践編)

ペルシア文学におけるワインといえばやっぱり、まず思い浮かぶのがハイヤームやハーフェズです。今日はおまちかねのハーフェズをめくって、ちょっと文学的なハーフェズ占いを!

愛の旅人たる長老がそなたに酒を勧める時/「酒を飲み、神の慈悲を待て」と言う/ジャムの如く目に見えぬ秘密に達したくば/来たれ、世を映す酒杯の友となれ/世のことが蕾のごとく閉ざされていても/そなたは春風の如く結び目を解く人となれ

(黒

もっとみる