ポール

ノルディックウォーキングのポールを買った。

アルペンの高井戸東店で、ノルディックウォーキングのポールを買った。
 並べてあるのは3種類で、すべてLEKI(レキ)という企業の製品である。ドイツの会社で、ポールの専業メーカーらしい。
 私はスピンという製品を購入した。グリップがへそのあたりの高さに来るといい。スピンは高さを調節しなくても、ちょうど私のへそくらいの高さだった。約7000円。
 ノルディックウォーキングはもともと、スキーのクロスカン

もっとみる
三回回ってワン!
2

国旗から見る平等な世界

霞が関を歩いていると、国賓の来日や国交記念日などで、日本国旗と外国旗が掲げられることがあります。6月9日は、見てすぐ分かるスイスでした。

調べてみると、翌日の6月10日、日・スイス首脳会談があったとありました。前日に準備されていたんですね。

国旗についてまだ書いていなかったのですが、仕事ではこれまでかなりの回数扱ったため、国旗にまつわるちょっとした小話をお伝えします。

国旗は変わるもの

もっとみる
Grazie ありがとうございます!
1

自己肯定感上げようとしなくていい

自己肯定感、上げようとしてないですか?

自己肯定感って

自分のありのままを認めてあげる自分の感覚。

心理学とか啓発系好きな人、私も含めて

ありのまま、そのままの自分を認めようとしすぎて

そして自己肯定感あげようと思って

なんかぐぅぅっと無理してしまう時あると思う。

頑張らないでね。

上げようとしなくてもいいから。

『ま、いいわ』って言ってみて欲しい。

私はこのまま生きていく、っ

もっとみる
私もスキです。
29

【選挙ウォッチャー】 衆院補選2019・大阪12区レポート。

思いがけず、めちゃくちゃ面白い選挙になってしまいました。自民党の元環境大臣・北川知克さんの死去に伴い、大阪12区では衆議院議員の補欠選挙が行われることになったのですが、これほど面白い選挙は滅多に見られるものではありません。しかも、これほど応援したくなるような人が立候補してくるのは珍しいため、いつになく大盛り上がりの選挙になりました。共産党出身のオッサンが奇跡の大金星を飾ることはあるのか。この大勝負

もっとみる
NHKから国民を守る党に投票してはいけません。
21

【20190513】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.会社の保健室的なところで休んだ

今朝から常に38度以上の高熱。
こういうときに休めないのは相当厳しい‥。
途中あまりにもしんどかったので会社の保健室スペースで2時間くらい横になることにした。
相当有り難かったけど、でもやっぱり休むべきだった。

2.一次会で解散

体調は最悪だったけれど、何とか持ってよかった。今日の会合が今後の仕事につながると信じる。

3.息子を両親に預けた

夫婦2人と

もっとみる

モンベル ミニタープHX 使用感

お一人様キャンプを始めるに当たって、せっかく購入した製品もあるし、前から持っているが一人で使ってみてあらためて良かったという製品もある。レビューというのはおこがましいので、あくまで1ユーザーの使用感として書いてみたい。

今回取り上げるのは、モンベル(mont-bell)のミニタープHX。商品詳細はこちらのページを。

モンベルと聞くとなんとなくヨーロッパのメーカーのようだが、本社が大阪にあるコテ

もっとみる
ありがとうございます! 励みになります!

腐ってもおいらぁ

音楽家だからよ。

誰かを非難するなら堂々と、その人に届くように、名指しで、思いっきり、小学生みたいに、バカヤロウって言ってやりたい。

ジョンがポールに対して歌った『ハウドゥユースリープ』とか、タイマーズの『FM東京の歌』とかみたいに。

そっちの方が、気持ちいいからね。

悪びれもしないし、素直に謝ったっていいわけだし。

自分が「これは良い」と思う、それだけでいい、ってのと似ている。

自分

もっとみる

ポールダンスと私①

最近のフィギュアスケートの盛り上がりは、私が小さいころとは比べ物にならないほど。
若いスターが国内外に溢れていているし、見る側もすごく楽しめるように、
テレビ放映中はトリックの名前や得点の加点・減点が視覚化される工夫もされて
特に精通していなくても、フリップ、サルコウ、アクセルの違いを解説してくれている。

ダンス競技がテレビ放映しているのは、ダンスを色々齧った身としては嬉しいし、なんならいつかポ

もっとみる

2018年観た映画No.1

昨年やるのを忘れていました。誰にも求められていないけど毎年恒例でやっている「その年に鑑賞した映画・漫画・音楽・小説のNo. 1を発表する」という行為をやります。

今回は映画部門です。

映画部門No.1は『マグノリア』ポール・トーマス・アンダーソン

アメリカの映画や音楽や文学が大好きなのにP・T・アンダーソン監督の映画を今まで観たことがなかったなんて本当に恥ずかしいことだと、観終わった後に思い

もっとみる

【あ】 浴びるように飲んでいた。

マレーシアでは、2月5日からChinese New Yearが始まる。
いわゆる中華系の人たちのお正月で、中国本土では「春節」と呼ばれているものだ。
マレーシアには大雑把に3つの人種がいて、約65%がムスリムであるマレー系マレー人、約25%が先祖が中国から来ている中華系、約8%ぐらいがインドから来ているインド系、残りが僕のような外人だ。

僕が住んでいるペラ州のイポーというところは、中華系の人たち

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
9