少し前で言うアウトロー的な?

意地悪なことをされればされるほど

見れば見るほど

ああ、またか

とか

だから女は嫌なんだよって気持ちになってしまう

昔から中性的だった

友達も男の子も女の子も同じくらいに仲良かったし遊んだ

だから女子からはちょっと異端の目で見られることが多かった

男とか女とかあまり区別とかしたくないと思う反面

女同士のいざこざが面倒くさくて

共学だった中学生時代は極力学校に行きたくない派(登校

もっとみる

理解される、理解しやすい、と心

こんにちは。まめのすけです。
社会貢献活動の場所に行くようになりました。

対岸の火事、自分と違うモチベーション

そう思っていたのですが、実際やってみると意外に自分の中の正義感がムクムクしてきます。

最近、障害がある方とお話する機会がありました。
マイノリティーだと、彼らは言いました。

確かに就労するにも、対話をするにも
人と出会うにも障害を意識せざるを得ない。

一方、彼らを知ろうと彼らの

もっとみる
良い事あるよ!
8

当事者祭り

経験、知識が人を豊かにしているという思いこみ
当事者こそが真実を知り、発信する権利があるという思い込み
これは、危険な感覚だ

経験していない、知らないからこそ非当事者は視野が広い
もちろん無知だからこそダメなこともしちゃうが、
これをダメよと諭する人間はむしろ誰でも良い。その道のプロ、ベテランで良い

選挙では、いわゆる社会的少数派の弱者が候補者として祭り上げられる
ある党はそんな候補者だけを祭

もっとみる

実は、マイノリティーに生理的嫌悪はある。けどリアルで公言はしなくて良い。

マイノリティー と言っても、様々ある。
身体精神障がい・発達障がい・LGBTQ…
更に、国籍人種の違い、職業の違い、文化宗教の違い…
趣味や興味、嗜好、生活の仕方。

日本人で日本国に住み、でも東京に住んではいない(地方)私。
戸籍上は女で男と結婚・離婚し子どもを産み、男性と恋愛する私。
何が普通で何がマイノリティーなのかは、個々人の立場によっても違う。

男と女が結婚するのが日本では「普通」?

もっとみる
え?ホント?ありがとうございます!嬉しいです。
2

私に一生起こり得るかもしれない葛藤。

かれこれ全て一年以上前の話になったし、載せてみようかなと思ったので載せます。これはあくまで私個人の話で、私が思ったことをありのまま書いてるだけの備忘録みたいなものです。

突然の話をしますけど、私ちんこが入ったことないんですね、まんこに。

そもそも、男性経験そんなにないけど、(多分、3回くらい。付き合ったの1人だけ。)1回も入ったことない。なんなら指も無理。まじで痛い。

そういえば、「夫のちん

もっとみる
感謝感激雨あられ!
8

数年間自分は、平気だと偽り続けて今更大ダメージを喰らった、マイノリティの日記

私は非恋愛体質人間である。

いわゆるセクシャルマイノリティという部分の人間であり、他の同性愛、全性愛者とは真逆の
恋愛をしない自由、ベッドで甘い夢を見ることを望まない自由を掲げた部類に私は入ります。
「ひとりでみんなと生きていく」ことに重きを置いています。

残念ながら、この指向は
マイノリティ中のマイノリティです。

同じマイノリティ仲間でも理解しがたい人がいるという現実があります。

それが

もっとみる

私はアマゾンの火災を心配できない

みなさんご存知でしょうが、私は聖人でも、神さま仏さまでもない。世界の全てのよしなしごとに、心を弾ませたり憂いたりすることが出来ない、割と器の小さい人間である。

もちろんね、あー悲しいことだなとか、これは酷いことだな、とかは思うわけですよ。でも、心の底から憤ったり、考えたり、熱心に情報を探ったりして自ら調べようという気にならない。今回の件についてはそういう感じでした。特に、(今回の火事以外のものも

もっとみる
ありがとうございます!やる気モリモリ(^O^)
4

敵意の中で生きつづけるどこかのあなたへ

私が海外を拠点に生き始めて、数年が経つ。

ボランテイアや長期出張、留学など、完全に移住というわけではないスタイルではあるが、ある程度その土地に溶け込んで、地元の人やその町に住む人たちと共存をしてきたつもりではある。

そんななかで、腹わた煮え繰り返るような露骨な差別や、ブチ切れるほどではないにせよモヤモヤがどこかに引っかかるような、そんなやんわりとした偏見もたくさん経験して来た。

それと同時に

もっとみる
ありがとうございます!やる気モリモリ(^O^)
2

''差異''を認めてい「た」私

私たち、フェミニストがなくしたいものは、「区別」と「差別」であり、「差異」ではない。

昨晩 この一文から始めるうえまつさんのNote「区別」と「差別」と「差異」を読ませていただきました。

うえまつさんは自身の体験を通して「差異を受容できる社会」を目指してNoteを書いておられます。とても素敵な文章です。ぜひ一読して欲しいです。

(うえまつさん 無言でシェアしたことお詫びいたします、、、(_

もっとみる
素敵な「スキ」ありがとう!
14