相対

陰陽とは?「陽」=攻める「陰」=守る【太極】=チームのため

陰と陽とは太極という絶対者の表現である。

このNOTEは易(易経)を学ぼうと思う人に向けて、初心者だった僕がこういう風に教えてもらいたかったを形にしたものです。易(易経)に初めて触れる初心者が、易(易経)で中心的な要素となる「陰と陽」「太極」についてのイメージをつかんでもらう参考になればと思います。

この世の中の事は、陰と陽でできている。と説いているのが易(易経)である。光と闇。善と悪。男と女

もっとみる

絶対と相対

1. ここで事象とは、現象の相対的発現のことを示す。

2. 私は、
「(ある事象について)絶対的である。」と解釈することができる。
「(ある事象について)相対的である。」と解釈することもできる。

そして、私はこれを他の人に伝えることができる。伝えることによって伝わる可能性がある。

あなたと私において、
「絶対的である。」と解釈することができる
「相対的である。」と解釈することもできる

もっとみる

解決したいものごとで意見を通したいときに 誰に伝えるか って大事だよね。

子ども ➔ お菓子欲しい ➔ ママにごねる=ママはダメと言う

ママは ➔ おじいちゃんに直して欲しいところがある ➔ とても頑固な性格のおじいちゃん
= 言うことをきいてくれないおじいちゃん

おじいちゃんは孫がかわいい ➔ 子ども(孫)はおじいちゃんにおねだりする
= 孫に欲しいものを買ってあげるおじいちゃん

ママは子どもにおじいちゃんのことでお願いする ➔ そのまま孫はおじいちゃんに言う

もっとみる

大きな夢と小さな夢

夢の大きさについて、

誰かと比べたことはありませんか?

世の中を変えたい、

もっと広く、世界を変えたいという夢を持つ人もいれば、

幸せな家庭を築きたいという夢を持つ人もいる。

私はどちらかというと前者が強かった。

もちろん家庭を持ちたいという気持ちもあるが。

だけど、前者について話すと、

共感してもらえることはあまりなく、

すごいね。頑張って。

と言われることの方が多い。

もっとみる

アナタ が 正しい のか ワタシ が 正しい のか

というコト
#絶対 は 無い
すべて が #相対 である
と 理解した のは 幾度となく
#理不尽 と思える扱い
を 受けてから のコト

オトナ
(あるいはそのように振る舞うヒト)
(※隠喩です)
が いつも #正しい わけではない

今日 はワタシ が正しくても
明日 はアナタ が正しくなって
しまうコト
だって ある

何と 理不尽 なコト か

#右#左#前#後

もっとみる

全肯定という趣味

文章を書くとき、書きやすい「型」ってありますよね。
譲歩逆接構文だっけ、そういうの、大昔にならったような気がするんですが。(「たしかに〇〇である、だがしかし~」というやつですね)

とにかく、文章を書く材料として持って来やすいのが
「何かを批判、否定する」というやり方じゃないかなと思うんです。
批判、否定、って言葉にするとあんまりいいイメージがないですが笑、もうちょっと言い方を変えると「視点を変え

もっとみる

自己肯定感は、体感だ。

かつて私は自分のことが大嫌いだった。

ずっと暗い穴の底から、明るい地上にいる世の中のみんなを見上げているような気がしていた。地上のみんなは楽しそうで、自分とは全く別世界の生き物だった。

自分のことは大嫌いなりに、でもあれとこれは人よりもできるとか思って人を見下したり、かと思えばこんなところは劣っているとコンプレックスをこじらせたり忙しかったけれど

頭がその両極を行ったり来たりしている間もずっ

もっとみる

得意なことを伸ばすほうが楽しい

written by しゅー

総合職に挑戦してみてわかったことがある。

得意なことを伸ばすほうが楽しい。

技術者をとめて総合職になった

生い立ち

なんとなくこれをやろうと決めて18年が経ち別のことをやってみている。

8歳の頃に「宇宙に行く方法を作る人になる(技術者)」と決めて18年それのために生きてきた。

友達と遊ぶ時間よりもレゴを組んだり本を読む時間のほうが長い子供だった。 

もっとみる
今日の運勢は末吉!末広がりですね笑 大吉もあるのでお楽しみに!
6

相対的幸福と絶対的幸福

どーもー!ヤンボゥです!

タイトルは少し固めですがとても大事なことなのでぜひ読んでいただけたらと思います。

相対的幸福とは状況に応じて幸せだと感じること。
例えば、お金がない人がなんらかの理由でお金を得て幸せだと感じるが、お金がなくなった途端、自分は不幸せだ、恵まれてないと思ってしまうことです。

絶対的幸福とはどんな状況でも自分は幸せだと感じれること。
どんな状況においても左右されず、極端な

もっとみる