駆け出し百人一首(24)家にあらば妹が手まかむ草枕旅にこやせるこの旅人あはれ(聖徳太子)

家(いへ)にあらば妹(いも)が手(て)まかむ草枕(くさまくら)旅(たび)にこやせるこの旅人(たびと)あはれ

万葉集 巻三 415番

訳:家にいたら、この人も伴侶と抱き合って眠っているだろう。旅路だから、草の枕に横たわって亡くなっているこの旅人は気の毒なことよ。

Poor you! You are dead alone on the grass. If you were at home, yo

もっとみる

問いを立て、答えをつくる!これにワクワクしてほしい。

どうして自分なりに問いを持つ事が難しく感じるのかを考察してみました。「自分なりの問い」に対して、答えに間違いはないはず。なぜなら、自分が作り出すというなのだから、答えは自分で作りだすことができる。

答えは自分でつくれる!

これがプレッシャーに感じる子たちが多いのであろう…「答えを用意された問題」を解き、答えを覚える事に価値があると教えられているから…答えを自分でつくれるんだとワクワクする要因は

もっとみる
やったーーー!
10

わかってた。

こんばんは、やかけです。

昨日書いたことを実践。
五月蝿いのが嫌いなのですべての会話を聞く。
そうすれば雑音じゃなくなる。

舞台は教室。1限目。

1限目からあるときは朝早く行き静かな教室で本を読むのが習慣になっている。
キャピキャピLIFEを勤しむ大学生が溢れかえる昼の大学には無い、足音が響き渡る程の静寂さを持った大学の雰囲気が好きなのだ。

8:30 大学に着く。授業まで1時間。誰もいない

もっとみる
実は、私も…
4

第一巻 第五章 聖徳太子の国づくり

〇朝鮮半島(百済・新羅・高句麗)と隋
N「四世紀から六世紀にかけて、朝鮮半島では百済・新羅・高句麗の三国が分立する時代が続く。しかし六世紀後半に、中国が隋によって再統一されると、その争いは終焉に向かう」

〇来日する僧侶たち
N「日本は積極的にこの争いに関与した。六世紀中頃、百済から日本に仏教が伝えられたのは、日本の軍事的援助に対する返礼だったと考えられている」

〇仏教寺院

もっとみる

友達がたまたま薦めてくれた本!お母さんに愛されなくて女性不信になってる美形の聖徳太子、シンクロしてるなぁ!超能力みたいなのって孤独な幼少期過ごしたあるあるみたいなものかもしれない。わたしもそうだし、彼もそう。愛の代償として??それか幼い時から自分を生きていたらそうなるのかな?

読んでくださってありがとうございます💗
1

「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話】 Yahoo!ニュース-2019/08/03

「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話】
Yahoo!ニュース-2019/08/03

文/砂原浩太朗(小説家)
日本史上の著名人を10人挙げよと言われれば、聖徳太子(574~622)のランクインはまず間違いない。

また、しばしば誤解されるが、「聖徳太子」は没後100年以上たって確立した呼称であり、生前そう呼ばれたことはない。父母ともに ... たとえば、崇峻の死後、推古女帝(554~6

もっとみる

歌舞伎とガロと聖徳太子で培ったもの。 振付・演出家 菅沼伊万里インタビュー vol.1

あるジャズライブの会場で、ギリシャ彫刻のようなふくらはぎを持つ女性に出会った。聞けば、振付・演出家だという。宝塚歌劇団や早乙女太一の舞台振付も手がける彼女は、「バンビ」の愛称で知られるThe Bambiest(ザ・バンビエスト)主宰の菅沼伊万里(Imari Suganuma)。ダンスの名門である日本大学芸術学部洋舞科卒業後、ロンドンのCentral Saint Martins(セントラル・セント・

もっとみる
LOVE!!!
17

「蘇我大王家と飛鳥」石渡信一郎

以前、「応神=昆支説」で紹介した、石渡信一郎氏の飛鳥時代に関する考察。タイトルに結論が書かれている通り、蘇我氏(として記紀に書かれている系譜)が王権を持っていた時期がある、という説を採っています。

飛鳥時代の王権に関するトピックとして最大のものは、「隋書」に遣隋使派遣時の日本の天子として、「阿毎字多利思比孤(アメノタリシヒコ)」の名があることでしょう。日本側の記録では推古天皇が送ったことになって

もっとみる

扉を開けよう

おはようございます

神様の言葉を伝える

メッセンジャー Vegadです。

こちらでは毎朝

八百万の神々から

このブログを見てくださる方に

伝えたいメッセージを

リーディングして

お伝えさせて頂いてます。

今日の神様は 聖徳太子

*.○。・.: * .。○・。.。:*。○・。.。:*。

*.○。・.: * .。○・。.。:*。

目の前に扉があるとき

押して開けるか 引いて開

もっとみる