小説「真夜中に目が覚めた」

15
ノート

【第一夜】決め手

真夜中に目が覚めた。

 喉が少し渇いていた。サイドテーブルの上に置いたまま、フタを閉めていなかったペットボトルのお茶を一口、口に含みフタを閉める。

 足元の誘導灯を頼りにトイレに向かった。用を足しまたベッドに戻ると、ふとんを自分の身体にこれでもかと巻き付け、浴衣を腹の上までめくり上げて眠っている洋二がいた。

 ああ、そうだ。私は洋二と寝たんだ。洋二は会社の同期だった。一週間前、離

もっとみる

【第二夜】開けドア

真夜中に目が覚めた。

 見慣れない天井に一瞬戸惑うがすぐに昨夜のことを思い出し、体が熱くなった。……ようやく想いが叶ったのだ。

 隣でふとんにくるまり小さくなっている佐知子の寝顔を見ながら、俺は愛しさで胸がいっぱいになった。思わずその髪に触れ、頭を撫でた。そうしてしばらく幸せに浸った後、佐知子を起こさないように、そっとまたふとんの中に潜り込んだ。

 佐知子は会社の同期で入社から1

もっとみる

【第三夜】ごちそうさま

真夜中に目が覚めた。

 枕元の時計を見ると午前2時。ここ数週間、毎日夜泣きが続いている。そして先に目が覚めるのは必ず自分の方だった。隣で寝ている結花理は相変わらず起きる気配がない。

 仕方なくベッドから這い出しベビーベッドに向かう。泣いている娘を抱き上げてあやす。もちろんすぐに泣き止む気配はない。

 ベビーベッドにはもう一人スヤスヤ眠っている娘がいる。2人同時に泣かれたら埒があか

もっとみる

【第四夜】計算違い

真夜中に目が覚めた。

 隣にいるはずの忠幸さんがいない。耳を済ますと泣き声が聞こえてきた。

 また、美優の夜泣きか……毎晩、毎晩なんであんなにあの子は泣くんだろう。美幸の方は夜泣きもせず朝までぐっすりなのに。

 子供がこんなにも面倒なものだとは思わなかった。

 あたしはただ『専業主婦』になりたかった。相手は誰でもよかった。経済力さえあれば誰でも……そう、本気で思っていた。

もっとみる

【第五夜】満ちる

真夜中に目が覚めた。

 忠幸と離婚してから……毎晩のように暗闇で目が覚める。寝つきも悪いし、夢見も悪い。とにかく朝までぐっすり眠れたためしがない。

 もう一年は経つと言うのに、私はまだ、心も体も立ち止まったままだ。

 何か新しいことでも始めて気分転換でもしてみようかと、スクール雑誌に目を通してみても、活字は目の前を素通りしていくばかり。

 結局、雑誌を閉じ、目を閉じて……考

もっとみる

【第六夜】ありがとう

真夜中に目が覚めた。

 明日、いや、すでにもう今日か、私は25歳になる。と同時に、結婚式の日を迎える。

 しっかり寝ておきたかったのに……母があんな話をするから……気になって仕方がなかった。

 物心ついた時、すでに父親はいなかった。母ひとり、娘ひとり。自分の名前が父親の名前から一字とってつけられたことと、その父親はすでに他界していることだけ聞かされていた。

 けれど……本当は私

もっとみる

【第七夜】澱

真夜中に目が覚めた。

 家の中に漂う空気は明らかに昨日までのそれとは違っていた。昨日まであった美優の気配が、今はもうない。あの子の存在が私を支えてきたことを改めて実感する。

 後にも先にも一度だけ……忠幸さんの葬儀の時、これが最初で最後だと言って、奥さんから私に連絡がきた。

 正直、悲しいという感情は湧かなかった。余命半年と聞かされた時、彼の最期を受け止めるだけの情は私にはなかった。

もっとみる

【第八夜】ひとり

真夜中に目が覚めた。

 「ひとり」だということが、こんなにも心許なくて、不安でさみしいことだなんて知らなかった。

 もう立派な大人で、小さな子どもがいてもおかしくないぐらい年を重ねているのに……私は今、迷子になった子どもみたいに不安で押しつぶされそうになっていた。

「洋二さん」

「ああ、美幸ちゃん」

「ちゃんはないでしょう、私明日で25だよ」

「しょうがない

もっとみる

【第九夜】探し物

真夜中に目が覚めた。

 また夢を見た。行きつけの喫茶店を飛び出し、開かないドアをただ見つめて立ち尽くす自分。叶わない想い。届かない気持ち。あの時から、俺は立ち尽くしたままなのかもしれない。

「なんかあったら、まあなんもなくてもさ、あいつの代わりに手貸すから、いつでも連絡してこいよ」

 佐知子の告別式の時、俺は美幸ちゃんにえらそうにそう言ったけど、本当は人の心配をしている場合ではな

もっとみる

【第十夜】原動力

真夜中に目が覚めた。

 ふとん争奪戦で敗北した結果、寒さに目を覚ましてしまう。他人だった二人が一緒に暮らし出すといろんな発見があるものだ。美優がこんなに寝相が悪いとは知らなかった。

 結婚する前、よく一緒に旅行にいっていたけど、ホテルの予約は必ず美優がしてくれて、段取りいいやつだなと思っていたけど、思えばいつもツインルームだった。

 もちろん結婚して新居に引っ越す際、布団を敷いて別々

もっとみる