駆け出し百人一首(33)月も出でで闇に暮れたる姨捨に何とて今宵訪ね来つらむ(菅原孝標女)

月(つき)も出(い)でで闇(やみ)に暮(く)れたる姨捨(うばすて)に何(なに)とて今宵(こよひ)訪(たづ)ね来(き)つらむ

更級日記

訳:月も出ないで暗闇になっている姥捨山のように、来ても甲斐のない、姥捨山に捨てられそうなお婆さんの私のところに、いったいどうして今夜あなたは訪ねてきているのだろうか。

It is unworthy of coming to my house. An old w

もっとみる

10月17日 日本文学week②No.27『坊っちゃん』

今日の本紹介は、夏目漱石の「坊っちゃん」です

皆さんは「坊っちゃん」を読んだことはありますか??

私は夏目漱石の「こころ」を読んで
文章は美しいけど暗くて重いという印象を受け、
他の作品にはなかなか手が伸びませんでした

しかし、「坊っちゃん」は「こころ」と比べてびっくりするくらいユーモアに溢れていて読みやすかったです

「坊っちゃん」は、「吾輩は猫である」などと同様に夏目漱石が小説を書き始め

もっとみる

小説「真・人間失格」(♯35)

40.2017年(5) 〜自ら選んだ離別〜

 夏は展示会のシーズンではないために、1ヶ月半ほど彩嘉とは会わなかった。寂しさと不安は募ったが、僕は彼女を信じた。と言えば嘘になってしまうが、一ヶ月半ほど会わなくても、お互いの気持ちは離れないと自然に思っていた。

 夏の間、僕の本業は忙しさが徐々に増していった。僕は以前のように連日、アルバイトに参加できなくなり、出席は飛び飛びになっていった。

 こ

もっとみる
好き勝手書いているので、ぜひ感想をお聞かせください
4

駆け出し百人一首(27)冬枯れの森の朽葉の霜の上に落ちたる月の影のさやけさ(藤原清輔)

冬枯(ふゆが)れの森(もり)の朽葉(くちば)の霜(しも)の上(うへ)に落(お)ちたる月(つき)の影(かげ)のさやけさ

新古今和歌集 冬 607番

訳:冬枯れした森の朽ちた落ち葉に置いた霜。その上にそそぐ月の光の清く美しいことよ。

How clear today's moonlight is! It is shining on frosted decayed leaves in the win

もっとみる

まあお訳古今集 恋はいちごを添えて四

こんにちは、まだまだめげない自称作家の あまおう まあお です!
古今集の意訳=いちご訳シリーズ、第四弾ですね。第壱弾と第弐弾・第参弾はこれね。

ここまで大字で数えておいていきなり「四」とか(笑)、という方のご意見も分かりますけどね。「肆」とか言って、いちげんさんは読めないんじゃないですか?

ご祝儀で四萬円なんて出さないんだから……! というわけでシンプルに四です。妥協じゃありません、配慮です

もっとみる
好き好き好き好き好きっ好き~、一休さん☆
11

駆け出し百人一首(26)誰かまた花橘に思ひ出でむ我も昔の人となりなば(藤原俊成)

誰(たれ)かまた花橘(はなたちばな)に思(おも)ひ出(い)でむ我(われ)も昔(むかし)の人(ひと)となりなば

新古今和歌集 夏 238

訳:誰がまた花橘を機に私を思い出してくれるだろうか。私が死んで、過去の人になってしまったならば。

Who will remember me after my death? Who will yearn for me by the scents of mand

もっとみる

駆け出し百人一首(25)夏河に光を見せて飛ぶ魚の音する方に月は澄みけり(上田秋成)

夏河(なつかは)に光(ひかり)を見(み)せて飛(と)ぶ魚(うを)の音(おと)する方(かた)に月(つき)は澄(す)みけり

藤簍冊子

訳:夏の川面で、きらりと光って飛ぶ魚。それが水に落ちる音のする方を見ると、月が澄んで輝いているんだなぁ。

One summer night, a fish flashing with light jumped into the river. The sound o

もっとみる

谷崎潤一郎と退廃的なサディズム、マゾヒズム

谷崎潤一郎。言わずと知れた文豪の一人である。
谷崎潤一郎賞なんてものもあるくらいだから(ちなみに村上春樹が『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で受賞している)、谷崎潤一郎を「日本を代表する作家」ということに異論はないだろう。

谷崎潤一郎の作風は、なんといっても「耽美」さに魅力がある。
私は特に、谷崎作品の中にどこか「どうしようもない」エロス、もっと学術的(?)に言えば、「退廃的なサディ

もっとみる

駆け出し百人一首(23)敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山ざくら花(本居宣長)

敷島(しきしま)の大和心(やまとごころ)を人(ひと)問(と)はば朝日(あさひ)ににほふ山(やま)ざくら花(ばな)

宣長の六十一歳自画像に賛として書いたもの

訳:「大和心とは何か」と人が尋ねたら、「朝日に輝く山桜の花」と答える。

What is the Japanese spirit? If someone asks me, I will answer that it's like wild

もっとみる

舞姫(令和ver)

遠い遠い昔から語り継がれている物語たちは本当にすごいなって思う。

なのに、ついつい難しい昔の言葉たちを読むのが億劫になってしまったりして、気になっているのに読めていなかった。

そういう人って沢山いるんじゃないかなって思って、そんな人たちに向けて昔の物語たちを令和バージョンでお届けしよう…!と、鼻息荒くnoteを作りました。これぞ【すぐやる!】の精神٩( 'ω' )و.。oO(2ヶ月前くらいから

もっとみる