茶道をたしなむ。「ねこじたなのにお茶がすき」 【101/1000*絵本】

ねこじたじゃないけれど、気になったので。

「ねこじたなのにお茶がすき」今江 祥智(著)、ささめやゆき(絵)

【内容】
きものだってせいざだってばっちりさ。よく「おぎょうぎいいね」ってほめられるんだ。でも、あつすぎるお茶はちょっとにがて…。だって、ねこじたなんだもの。今江祥智&ささめやゆき、はじめての共作でおくる、ちょっとふしぎな「茶の湯」がテーマの物語。お茶はむずかしい?子どもにはまだ早い?い

もっとみる
感謝、感激!
9

本日の薄茶を点てる練習 しんどい日々

今日のお菓子の銘は「唐錦(からにしき)」。中国の絹織物の美しさと日本の秋の彩りを、重ねて表現した意匠だそうです。昨日のお茶のお稽古の帰りに先生から頂いてきました。

最近、以前のようなペースで薄茶を点てる練習が出来なくなっております。人前では気が張っている為、何でもないような顔をしておりますが、日常生活はもちろん、茶道のお稽古記録をまとめるのさえままならず。更年期障害による様々な症状が強くなってき

もっとみる
ありがとう!
5

本日の薄茶を点てる練習

とらや 季節の煉菓子シリーズ「栗ごよみ」。このシリーズ、姿は地味ですが美味しいんですよね。

添付のしおりに記載されているように、電子レンジ500Wで10〜15秒ほど温めてみました。今日はかなり冷えるので、温かい菓子は口に優しく、また栗の風味がふんわりと感じられ、とても美味しかったです。

【抹茶】
水宗園本舗
茶師十段監修八女抹茶

【茶碗】
町田幸
練り込み抹茶碗

【茶筅】
奈良高山茶筅

もっとみる
心からの感謝を
4

本日の薄茶を点てる練習

たねや新商品「ピスタブレ」。ピスタチオ、砂糖、卵、塩だけで出来ている焼き菓子。甘さがほとんど気にならないので、お茶のお供より、ワインやビールのおつまみに良さそう。美味しいのだが、これはもしや殻が入ってしまったのでは…と思うほど、ガリガリと舌に残ってしまうものが数粒あったのが残念。

【抹茶】
水宗園本舗
茶師十段監修八女抹茶

【茶碗】
清水焼 今岡妙見
青磁雲鶴抹茶碗

【茶筅】
奈良高山茶筅

もっとみる
ありがとう!
2

本日の薄茶を点てる練習 台風一過

ここ数日、薄茶練習が出来ずにいました。

昨夜の台風はそれはそれは恐ろしかったものの、幸い私も家族も無事に過ごせました。様々な地での台風被害を目にすると、自分たちが無事だったのはほんの偶然だったのだなと、身がすくみます。

【抹茶】
水宗園本舗
茶師十段監修八女抹茶

【茶碗】
井戸茶碗(詳細不明)

【茶筅】
奈良高山茶筅 第19代 谷村丹後
真数穂

【菓子】
セブンイレブン
生チョコサンドの

もっとみる
心からの感謝を
3

本日の薄茶を点てる練習 とらやの最中シリーズ其の三

とらやの最中シリーズ最終回。初回と同じ銘の「御代の春」ですが、前回は梅の花型の「白」、今回は桜の花型の「紅」となり、中は白餡になります。

【抹茶】
水宗園本舗
茶師十段監修八女抹茶

【茶碗】
沼田智也
安南手蝶文抹茶碗

【茶筅】
奈良高山茶筅 第19代 谷村丹後
真数穂

【菓子】
とらや
御代の春 紅

【菓子器】
稲村真耶
湖水釉四角皿

もっとみる
Thank you so much:)
6

観てきた!黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶 atサントリー美術館

うーん・・・素敵だなぁと思ううつわはいくつかありましたが、正直、まだまだ私には、焼き物の世界は奥が深くて理解しきれない、と実感した鑑賞体験でした。

会期:サントリー美術館 9/4(水)~11/10(日)

◎見に行こうと思ったきっかけ

ずっと習いたいと思い続けながらも、どうしたらいいのか迷ったままでいた茶道。縁あって初心者教室から始めてやっと1年半が経ったところです。

お稽古を通して、茶陶:

もっとみる
ありがとうございます(*´-`)これで明日もがんばれます

本日の薄茶を点てる練習 とらやの最中シリーズ其の二

今日も昨日に引き続き、とらやの最中「弥栄」を。これ「やさか」と読める方どのくらいいらっしゃるのでしょう。私は恥ずかしながら読めませんでした。

とらや公式ホームページには以下のように記載されています。

「弥栄」とは、「いよいよ栄えに栄える」という意味。菊の花は気高くおめでたい花であることから、菊形の最中に、縁起の良い「弥栄」の名がつけられたと言われています。

和菓子の銘や形の由来は本当に奥深く

もっとみる
励みになります!ありがとう!
4