「へうげもの」の茶室ー3

「猿面茶席(さるめんちゃせき)」

四畳半台目の構成です。

入口は左の貴人口と右の躙口と二つ。
全壁面に設けられた窓。

この茶室は、古田織部(通称・へうげもの)が清洲城の古材を用いて建てたものと伝えられています。

床柱上部に枝を払った節目が二つ

それをみた信長が秀吉に向かい、
「汝の面のようだ」

と言ったことから、猿面席という名に。

残念ながら戦火で焼失しましたが、昭和24年に再建されました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

支援は100円から1万円まで自由に設定できます🍵皆さまからの応援が励みになります!いつもありがとうございます😃✨

サンクス😆✨
7

@茶室建築(Tea-Room)

日本の誇る「茶室」という空間が好きです。伝統建築の魅力が伝わるようにがんばります! https://www.instagram.com/Sakurada.wa/

Oribe's Tea-Room🍵

「へうげもの」の名で知られる、武将茶人・古田織部の茶室を集めました! TwitterやFacebookでのシェア大歓迎です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。