パドマーワト 女神の誕生(感想)

映画の感想スケッチです。
6/7に公開になり、28日に都内の上映は一旦終了したのですが、7/12より18までキネカ大森での公開があるので、見に行ってきました。
初日に見に行って、今回は2回目です。

一枚では書きたいことの1/3も書けてないのですが、とにかく徹底的な美しさにこだわった、豪華絢爛な画面に圧倒されてしまいます。
日本で日本語字幕で公開されるとはつゆとも思っていなかったので、上映決定の知

もっとみる

映画「マダム・イン・ニューヨーク」 失われた肯定感を取り戻せ

先日友人とディズニーシーに行くはずが仕事終わりに高熱を出してしまい、行けなくなった。幸運なことに2連休を取っていた為、ゆっくりしながらネトフリで「マダムインニューヨーク」を見た。いや~、だるい体で見る昼下がりの映画は格別だなぁ!(ヤケクソ)

雑なあらすじ

インドの専業主婦がNYの語学学校に通い、本来の自信を取り戻す話

ちゃんとしたあらすじはココからどうぞ……

感想

 まず映像そのものが美

もっとみる

#JJインド神話 5〜セレブ緊急搬送

ホテルの朝食。フレッシュジュースの果物の種類から、卵の調理法、全粒粉orクロワッサンまで好みを伺ってくれる

この旅初のエスプレッソ!もちろんダブルで。さすがのフレンチロースト!濃ゆい!うまい!おかわりー

が。スパイスにも食堂の水にも一丸となって耐えてたであろう胃腸にこれが決定打となった。

「ヨガスペースは中庭です。この暑さなので屋上のプールでライムミントジュースもどうでしょうか」コンシェルジ

もっとみる

生きる力を育てること: 『シークレット・スーパースター』と印日リアル若者像

2017年の大ヒット作『シークレット・スーパースター』がいよいよ8月9日(金)に日本公開ですね。

公式サイトはこちら

様々なジャンルがあり、映像も脚本も超インド「ド」ローカルから一線を画すレベルになったいま、もはや「インド映画」という分け方は雑すぎるというか、あまり意味がないからそろそろ卒業しませんか……ということをまずは記しておきたい。

この作品は、抑圧され自由に夢見ることがままならない少

もっとみる

薬物と映画③

さて、連載三回目はインド。インドは1990年以降の経済開放により、順調に所得を増やしてきた南アジアの大国。この国より東側のアジア諸国における厳しいドラッグ規制に鑑みればかなり寛容と見える国ですが、今や繁栄する巨象となったインド映画では、どう出てくるかしら。

「8マイル」のインド版、「Gully Boy」(2019年)という映画から。お話はヒップホップに自分の未来を見出す貧しい若者の青春を描く映画

もっとみる

【オカダイアリー】6/26(水)〜6/30(日)

6月26日(水)

昼、肉体労働。

夜、高円寺ウーハにてライブ。

妻のアドバイスにより、無駄なMCを省くことに。

曲名くらいは言おうと思ったが、厳かな雰囲気の中で、3曲め「フジツボ」(曲名)を発語することが急に恥ずかしくなり、その後は曲名も省く。

7曲もやったのに30分弱で、巻いた。

喋らないと音楽を長く演奏できることがわかった。(今更?)

さだまさしさんのような特別な才

もっとみる

魅惑のテルグ映画への招待

テルグ映画とは

 テルグ映画とは何でしょうか。インド映画の一種ですが、「インド映画」や「ボリウッド」は知っていても、「テルグ」という言葉に耳馴染みのない方は多いかもしれません。インドにはインド憲法で定められているだけでも22の指定言語があり、テルグ語は南インドで話されている言語の1つです。テルグ語で製作された映画は「テルグ映画」と言われ、通称「トリウッド(Tollywood)」としても知られてお

もっとみる

【期間限定記事】パンフレットについて

魅惑のテルグ映画 第三回 上映2作品全編のあらすじ&解説を有志で作成しました。
セブンイレブンのネットプリントで期間限定公開しています。
鑑賞の参考になりますと幸いです。

ネタバレも含みますので、結末は知りたくないという方は、 noteのあらすじ(導入部分のみ)をお読みください。
➡︎あらすじはこちら

出力方法
https://www.printing.ne.jp/support/flow/f

もっとみる

[インド映画公開・上映予定(2019年6月25日更新)]

■現在公開中

▼ヒンディー映画『パドマーワト』

舞台は13世紀末、インド西部のメーワール王国の王妃、パドマーワト。欲するものすべてを手に入れるイスラーム皇帝のアラーウッディーンは、王妃を一目見たいと、王国に攻め入る。しかし国王ラタン・シンの画策により、王妃の姿を見ることは許されず、アラーウッディーンの怒りは沸き上がる・・・。色彩の魔術師、サンジャイ・リーラー・バンサーリー監督(デーヴダース)に

もっとみる