本当はお父さんが大好き

今回は父に対する思いを書いた結果、4000文字を超えてしまいましたが、どの文字も省くわけにいかなかったのでご了承のうえお読みください。

父に怒られた事ばかりを書き連ねる私。そのたびに胸が苦しくもなる。

でも、嘘の私としてnoteを書き続けるのは限界があるのです。

それでは伝えたい人達に伝わらない。

今日は、父に対する想いを書き留めておこうと思います。

父と私の関係

私と父は、血の繋がり

もっとみる
これってビビっときた印ですよね♪嬉しい〜!
5

【日記 1020】直感を信じて

朝になると熱っぽいという仮病のような感じになっている。起き上がる時間が遅くなる。すごく眠い。起きようと思わなければどれくらい寝ていられるのだろうか。母がいないとき、父に素朴な疑問なんやけど、、、と質問された。私は母に皿洗いをしろと言われて強く断ってきているのだけど、それは何故か。。?と。父にして珍しい質問だった。お、理由を聞こうとしている?と思った。今まで私の行動に何か理由があるとは思ったことがな もっとみる

love💛
1

中1女子、父のAVを見る|ネット時代の性教育と人権

素朴な小学生時代

 有名私立大学の文学部4年に在籍するキョウコ(仮名・21歳)。北関東の中規模都市の出身だ。長い髪を1つに束ねて、ナチュラルメイク。太目の眉が素朴な面影を残している。卒業後は金融関連の会社に就職する予定だ。
キョウコには地元に、高3から付き合っている彼氏がいる。遠距離恋愛を続けてもう3年以上。単独の相手との交際期間としては、今回取材した学生たちのなかで最も長い。育った地域は自然が

もっとみる
ありがとうございます!励みになります☆
2

母ちゃんが先に死んだら

八月のお盆に、隣町にある実家へ

盆礼にいこうかと思ったが、

母: 「今年は何にもしない予定だからこなくていいよ」

孫も見せるのに、そんな言い方。と思いつ、

翌日に顔を出しに行った。

すると、あら、昨日こなかったわね。と母。

じゃ、こなくていいなんて、言わなくていいじゃん。素直じゃないなとあたしはイラっとした。

そんな母と、自分の部屋で涼しくテレビをみている父にあいさつに行くと

父が

もっとみる
ありがとうございます!フォローも良かったらお願いします!
2

『戦うみずきさん』の補足です。みずきさんとパッパは離れて暮らし、たまに合う方が仲良くできる。そんな関係です。決して嫌いとかではなく、似すぎて衝突。
なので、博多や首都圏の港に入れば必ずさしで飲みに。他の同僚から「娘さんと飲みに!?羨ましいよ~」と言われて、デレデレパッパ。

Muchas gracias!

How…

誰にも言えない
私の本音…
頑張ってるママ見てると
絶対に聞けない
『パパってどんな人?』

パパの顔なんて
知らないけど
見てみたいなって思う
どんな顔をして
どんな声をして
どんな喋り方をするのかな?
身長は高いのかな?
低いのかな?

そして1番気になるのは…
もしも同じ場所にいたなら
『私がパパの娘だって事に
気づいてくれるのかな?』
ねえ…パパ
私はここにいるよ…

誰にも気付かれない

もっとみる
嬉しかっ種(たね)☆
1

あの日をもう一度

Facebookが3年前の思い出写真を出してきた。
両親とダンナ氏と4人で出掛けた熱海旅行。

旅行プランの作成とホテル支払いは私がやるから、その他食事代やお土産代は両親にお願い!
という条件で初の旅行。

結果的に、両親の方が圧倒的に出費しただろうけど、喜んでくれた。

歳をとると、いろいろ調べたり、予約したりが面倒になるようで、プランはお任せ!財力だけ!コースが良いらしい(笑)

そうは言って

もっとみる

父の恩恵

父が死んで、5年が経った。

昭和14年生まれの、山と海が好きで(パチンコも好きだけど)働き者の、手が器用な父だった。

割と平凡な人で、家の外では優しく人が良かったけれど、家の中では文句も愚痴も言う普通の人だった。

生きているうちはその父の存在価値など意識しないでいた。

勿論必要な人だったけれどその存在の本当の大きさに気づけもしないでいた。

父の話を始めればいろんなことが湧き出してしまうけ

もっとみる

親離れ とは。

突然だが、わたしは両親が好きだ。

21歳、女子大学生。
反抗期というものを今まで経験していない。中学生の頃、ちょっと反抗的になってみたけどこっちからすぐに折れた。

21歳になった今も実家暮らし。

母は推しのために全国を飛び回るような人なので、お互いの推しの話をして盛り上がるし、2人で一緒に舞台やらコンサートやらの現場に行って キャーキャー言うてるし、仕事の話もする。

父とも野球やらラグビー

もっとみる