マーキュリーからの贈り物

15
ノート

家族で初めてのハワイ旅行

2年前の冬に旦那が会社を退職し、退職金でハワイ旅行をしようと言い出した。
数年前に、夢を絵や写真で飾り、視覚化することで叶いやすくなるという「ドリームコラージュ」というものを作っていた私は、確かにハワイ旅行をそこに盛り込んでいた。
でも、ちょっと気分が変わっていたし、退職金は貯金しておいた方がいいのではないかと消極的だった。
だが、「今回のようなまとまったお金がある時に行きたい」と言う旦那の意見に

もっとみる

息子の幼稚園時代・春、理想の崩壊

4月も中旬になり、小学1年生だと給食も始まり、帰宅時間もだんだん遅くなる頃です。
先日、車を走らせていると、真新しい幼稚園の制服に身を包んだ園児が、幼稚園バスを保護者の方と待っていました。
まだ、制服が身体に馴染んでいないように見えて可愛らしかったです。

実際は制服をササッと着替えれたのか、「着たくない」と駄々をこねたのか、はたまた着替えるのは積極的でも、まごまごと時間がかかってしまい、結局大人

もっとみる

コーヒーと蚕の記憶

記憶を書き換えて覚えていることがありました。
コーヒーを飲み始めたのは、就職し、社員ほぼ全員が飲んでいたので、私も飲むようになったと思っていました。
しかし、短大生の時に行ったヨーロッパの研修旅行中に書いていた旅日記を読み返した時に、この記憶が違うことを知りました。

2週間の研修旅行で、ウィーン、フィレンツェ、ミラノ、ローマへ行き、ドォーモや教会、宮殿、絵画鑑賞などをしました。自由時間もありまし

もっとみる

悪い夢はいい夢

夢を覚えていることは少ないのですが、起きる間際にみていた夢を覚えていました。

せっかく覚えていたのに嫌な夢でした。
苦手な人が登場したからです。

最近その人のことを考えることが多くなり、夢にまで登場してしまったようです。
日中にその人が頭をよぎったり、苦いエピソードを回想していることがありました。
「あまり考えない方がいい」「もっと有効なことに意識を向けよう」と思い、「今考えていたこと取り消し

もっとみる

思い出はアルバムへ

息子が学校の授業で生い立ちを振り返るから、小さい頃のエピソードと写真を用意して欲しいと頼まれました。

最近は子どもの写真を撮るのは旅行中くらいですが、小さい頃は日常的に写真を撮り、ちゃんと現像してアルバムに整理し、コメントを書いて、いつ見てもどんな場面でどんなエピソードだったか分かるようにしていました。
その作業が苦ではなく、日常が愛しさで溢れていたので、残しておきたかったのは当然でした。

もっとみる

それぞれの入学式

この春、近所の女の子が小学校に入学しました。
その子が産まれて6年も経ったと思うと、うちの子供たちが、小学校を入学した頃の思い出を開けてみたくなりました。

息子の場合

息子の入学前に引っ越したので、知り合いも土地勘もありませんでした。学校までの道順は簡単なのですが、私も新しく住む場所を歩きたかったので、春休み中に一緒に通学路を歩きました。

入学後は、一緒に登校をお願いする年上の知り合いもいな

もっとみる

手作り米粉パン

米粉でパンを焼きました。
我が家では特別なことではなく、息子の給食用に持たせるため、ほぼ毎週焼いています。

息子は色々食べ物アレルギーがあるので、学校へ持たせるための料理をすることが生活の一部になっています。

始めは米粉パンをネット通販で購入していました。しかし、新聞に地元のパン屋さんで、全部米粉を使ったパンを焼いているお店を紹介しているのを知り、そのお店に通うようになりました。

ある時、ス

もっとみる

黒猫さんと私

1年ぶりに友達に会ってきました。
あえてだらだらと出会いから書いてみようと思います。

彼女との出会い

私が当時、パートナーシップもボロボロで、育児にも疲れ果てていた時に、1年に1度の自分へのご褒美で足を運んでいたフェスティバルに、ヒーリングで出店していました。

そのフェスティバルは、ママのためのフェスティバルです。
良質なおもちゃやカードゲーム、ボードゲームが売っていたり、マクロビや身体に優

もっとみる

もう一つの人生

娘が毎週観ているテレビで、「卒業文集に将来の夢を書いたのは叶ったか」について話ていたのをチラッと観て、そう言えば小学校の卒業文集には「劇団に入団したい」と書いたことを思い出しました。

小学校高学年から、2か月に1度、母親と弟、そして近所の親子友達と演劇を見に行っていました。様々なジャンルの演劇はとても刺激的で、強い意志ではないけれど、「やってみたいな」と思っていたので将来の夢に書いてみたくなった

もっとみる

自信がある人になりたい

note編集部の公式マガジン「#スポーツ記事まとめ」に、2日前に書いた「ランニング」が紹介されました。
ありがとうございました。

メールでこのお知らせを受け取った時、息子に「お母さんが書いたエッセイが紹介されたんだって」と自慢すると、「よかったっしょ」と褒めてくれました。
しかし、note初心者なので、それはどこに行けば読めるのか知りませんでした。noteサイトの「マガジン」をクリックすると様々

もっとみる