マタニティーマーク

0731/通勤電車に想いを馳せて

最終週も残すところあと2日。とんでもない人事が出てザワザワするも、私は関係なかったりして。(あるけど、ない)ただただ、大切な人達が、正しく評価されて働きやすい環境であって欲しい、と願うばかり。1年半後には全く違う環境になってそうで、少しこわい。

電車通勤もあと少し。
時々譲ってくれる人がいて感動するけれど、基本的に優先席に座っている人たちは気がつかない(もしくは気がついても譲ってもらえない)事の

もっとみる

朝、マタニティーマークをバッグにつけてチャリで爆走してる女性を見た。ものすごいスピードで脚めっちゃ動かして。めちゃくちゃ心配になったけど大丈夫かなー。と見ず知らずの他人さまによけいな心配大きなお世話。遅刻してたのかもしれないけど、遅刻するよりもっとケアすべきなのはその身体。。。

2回言います。ありがとうございます!ありがとうございます!

0527/かわいいアベンジャーズ

「わあ、かわいい…」
初胎動観測ができた夫の第一声である。
昨日ゆるりとアベンジャーズの予習を(1.5倍速で2と3を一気観)する合間で、テンションが上がったのか、お腹の中のちあき(仮)が活発に動き出した。そのタイミングで触ってもらったら「とんっ」と手に感じたようだ。

目をキラキラさせながら、
かわいい…と呟く夫もまた可愛い。

世の中のやさしさに触れて嬉しい。
今日もまた、ちょっと遠くにいる

もっとみる

0523/はんぶん記念日に(恋に落ちるくらいのトキメキ)

すごくスマートに席を譲ってくれたサラリーマンのおにいさんがいた。丁度、電車(なるべく空いているものを選ぶ)に乗ったばかりで、今日はちょっと混んでるから少し立つかな、なんて思っていたところだった。

優先席側ではなくて、普通の座席の方。
ななめ前に立つ私の、控えめに内側につけたマタニティマークを見つけてくれたのか、ぽっこりお腹をみたのか、すっと立ち上がって「どうぞ」と席を譲ってくれた素敵なサラリーマ

もっとみる

0511/いいじゃないか(やっぱり思春期)

「あら」
「どうする…?」
「いいんじゃないかしら…あと2駅だし」

ああまた、マタニティマークをつけていることで気を遣わせてしまっている…。いっそ、ほっといてくれた方が居やすいのに…。

友達の結婚式のためすこし遠出をするので、ひとりだし、流石に今日はマタニティマークをつけて出かけている。おもむろに立ったのが優先席前だったと気がつき、やってしまった、と思う。(乗り換える予定なので、乗車時間は

もっとみる

0419/へんなはなしなのですが

ほんとうに変な話なのですが、
マタニティーマークをつけていると優先席の前に立ちづらいのです。(どいてくれよってアピールみたいで、舌打ちされたことがあるのです)

また、普通の席の前にも、立ちづらい。
(優先席行けよって思われそうで)

結果、つけないで乗った方が気兼ねなく座れるし、変なストレスを受けないで済む。

優先席にはわざわざマタニティーマークがかいてあるけれど、前に立つことすら憚ら

もっとみる

0318/マタニティーマークのジレンマ

マタニティーマークをつけるのが怖い。
母子手帳と合わせてマークを貰ってから、鞄につけてみるものの居心地が悪くてすぐに外してしまう。会社の人には一部しかまだ伝えていないので、会社では外して鞄の奥へ。

さっきから空いている電車を待っているが、
見送れども見送れども混んでいる。

こんな時こそマタニティーマークつけて乗車を、と思うのだが勇気が出ない。ネットを調べると「マタニティーマークをつけて

もっとみる

マタニティーマークを付ける理由

先日、区役所へ行って

母子手帳などなど一式を受け取り

マタニティーマークをゲットしたので

バッグに付け始めた。

もっとみる

母子手帳

マタニティマークとともに手に入れたのが母子手帳。

両方とも、どうやって手に入れるのかまったく知識がなく、なんとなく病院でもらえるのかなぁなんて思っていたのです。が、どうやら違うらしい。区役所にもらいにいくようなのです(自治体にもよるのでしょうけれど)。なんにも知らないものだから、夫と二人、散歩ついでに手ぶらで区役所に行ってみると、別の場所にある保健センターに行ってください、と。あら、ここではもら

もっとみる

マタニティマーク

いざ妊娠してみてその必要性を感じたもののひとつがマタニティマーク。

最近、このマタニティマークについてネットではいろいろ騒がれていますが、やっぱり必要だよなぁ、と思ったのです。気分を害する人がいるとか、嫌がらせをされるとの情報を見ていたので、最初はつけるのを躊躇したのも事実。誰が見ても妊婦な姿になっている中期〜後期には必要ないかもしれませんが、まだ端から見ただけではわからない初期にこそ、必要なも

もっとみる