みなさんのnote集めました

144
ノート

大自然に触れる事で人間に戻れる

大自然に触れる事で人間に戻れる

意味:忙しない生活に浸かっていると、人間は機械化していってしまう。自然と触れ合う事で、人間に戻れるという意味。

対義:仕事ばかりしていると、人間は機械化していく

(例)いやぁ、毎日仕事が忙しくて、何の為に生きているかわからなかなってくるけど、休みを取って旅行に行って自然と触れ合ったら、生きてるって実感したんだよね。まさに「大自然に触れる事で人間に戻れる」ってこ

もっとみる

崩壊と進化の前に俺たちは耳を澄まそう

耳に意識を集中させて
この街の広い範囲に渡って低く聞こえる音に
チューニングを合わせてみろ
拾えたか
それが都会の音だ

車の音電車の音地下鉄の音
聞こえるかこの低く唸る音

自動ドアの音エレベーターの音ベルトコンベアの音
聞こえるよなこの機械の音
すべて人間が作った音だ

こめかみの両方に指を当てて
遠い昔に出会った最初の音を思い出せ
それは声だろ
母親の声だろ
心臓の音が邪魔だな
碁石が転がる

もっとみる

【宮古島旅行記】宮古島でまさかの終活

宮古島モードでお送りする第2弾。今回は、宮古島で触れ合った終活についてお送りします。

宮古島でまさかの終活

初めての宮古島旅行で、まさか終活をすることになるとは思っていませんでした(笑)

終活とは、自分の死と向き合い、死ぬまでにどのように生きるか。人生の最期をどう迎えるか。ということを考えたり、死に際して準備する活動のことを言います。

今回の旅行で考えることになった終活は、「お墓問題」です

もっとみる

節約だってエッセンシャル思考

「エッセンシャル思考」という考えが、やっぱりいちばん好きです。
私の「価値観を変えた本!ランキング上位」に君臨し続けている一冊。

この本の内容を、私は、

①節約生活 ②複業や仕事への考え方 ③イラストを描く 

でも大いに参考にしているんです。
今回はその話について熱く書いていきますね!

⓪エッセンシャル思考とはなんぞや

まずは、本を読んだことのない方に向け、
内容がなんとなく伝わるように

もっとみる

高校野球のベンチ入りメンバーを発表するとき、緊張は高まる 話

「背番号15番は、高木」
「背番号16番、江藤」
「背番号17番は、鈴木。頼むぞ」
「はい」
「以上17名が、今大会のベンチ入りメンバーだ」

夕日を浴びるグラウンドのベンチ前は、独特な緊張感をはらんでいた。

「三年生にとってはこれが最後の大会がとなる。残念ながらベンチ入りを果たせなかった者もいるが、決して腐らないでほしい。ベンチ入りしたメンバーも、できなかった者も、誰一人として欠けてはならない

もっとみる

横道世之介と言う男

「横道世之介」、僕の好きな小説のタイトルである。吉田修一さんの青春小説である。僕は青春小説が好きだ。ちなみに今でも自分は青春を生きていると思っている。バカだ。

横道世之介と言うのは、作品の登場人物であり、主人公であり、大学生。世之介と彼を取り巻く人々の人間模様を、過去の出来事(大学生時代)と、登場人物の現在とを織り交ぜながら描かれている。

世之介はひょうひょうとした青年で、のんきで優しく、お人

もっとみる

鉢合わせた空き巣が初恋の人でした

部屋を暗くして、掛け布団を頭まで被り、タブレットで映画を観る。

私は、いつも布団の中に小さな映画館を作り、作品に没頭している。

今夜も、お気に入りの映画を鑑賞中、突然、玄関の方から物音がした。人の気配も。

そして、部屋の電気がパチとついた。

恐怖より反射で、布団から飛び出すと、侵入者と目が合った。

初恋の相手、安西くんだった。

上下黒い服に皮手袋をはめ、ニット帽を目深に被っている空き巣

もっとみる

ゲームの寿命を延ばす7つの方法

今回はゲームの寿命(プレイ時間)を増やす方法を紹介したいと思います。

■なぜゲームの寿命を伸ばすのか?

ゲームの寿命を伸ばす目的は以下のものがあります。

* ゲームを長く遊んでもらうことで、ユーザーの満足感を上げる
* 長く遊ぶことで、作った要素を隅々まで遊んでもらうことができる (面白さに気づかずにゲームをやめて欲しくない

すぐ終わってしまうゲームはそれだけで評価を下げやすいです。例えば

もっとみる

[SFショートショート]不寛容

これは他人への不寛容がますます加速した、とある国の未来の話である。


2XXX年 5月。
受動喫煙防止法の改定により、喫煙者はありとあらゆる場所での喫煙を禁止された。
喫煙者は肩身の狭い思いをして、誰にも見つからない家の中で細い煙を吹かすようになった。
民衆は喫煙者がこの世から消えると満足し、しかししばらくすると退屈が襲ってきて、また新たな退屈しのぎを探し始めるのだった。
例えば一度でも粗相を

もっとみる